野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「何がうらやましいって…」 怪物・江川卓は「令和の怪物」佐々木をどう見た?

「何がうらやましいって…」 怪物・江川卓は「令和の怪物」佐々木をどう見た?

今秋ドラフト1位候補の163キロ右腕・佐々木朗希投手を擁する大船渡(岩手)が2日、岩手・一関市の大東球場で佐久長聖(長野)と練習試合を行った。佐々木は2回に長短打4本を浴びて3失点。5回に味方の失策で1点を失うなど、9回9安打4失点も、13奪三振。今年に入ってからは最多の149球を投げた。最速はメジャーのスピードガンでは153キロを計測した。

大船渡・佐々木朗希の登板を視察した江川卓氏【写真:荒川祐史】
大船渡・佐々木朗希の登板を視察した江川卓氏【写真:荒川祐史】

岩手・一関市の練習試合を自ら足を運びチェック、スタンドのファンと会話も

 今秋ドラフト1位候補の163キロ右腕・佐々木朗希投手を擁する大船渡(岩手)が2日、岩手・一関市の大東球場で佐久長聖(長野)と練習試合を行った。佐々木は2回に長短打4本を浴びて3失点。5回に味方の失策で1点を失うなど、9回9安打4失点も、13奪三振。今年に入ってからは最多の149球を投げた。最速はメジャーのスピードガンでは153キロを計測した。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

「令和の怪物」をチェックするため、球場にはもう一人「怪物」と呼ばれた男が戦況を見守っていた。2日放送の日本テレビ系情報番組「Going!Sports&News」(午後11時55分~)の取材のため、野球解説者の江川卓氏が岩手にやってきた。

 試合前は日差しが強く当たる江川氏を気遣ったファンが日傘を差し出すと「ありがとうございます。(撮影しながら見るため)影になってしまうとまずいので大丈夫ですよ」と談笑するなどシーンも。9回まで見ていたため、顔は日焼けしていた。現役時代を知るファンにとってはたまらない瞬間でもあった。

 試合後、江川氏は報道陣にも対応。佐々木の印象を語った。

「何がうらやましいかというと、(身長が)190センチあること。同じ条件で投げるのならば、私は183センチなので絶対にかなわない。190センチあった方が、角度もすごく出ますし、スピンも効く。絶対に有利。まだまだスピードが出ると思うので、楽しみですね。力んで投げているならどうかなと思ったけど、力感なく投げられている。(160キロ出すことに)なんの不思議もありません」

 他にも多彩な変化球の中でもフォークを武器として使えること、フォームでは下半身がしっかり沈んでいく中でも、肩のラインを高く保つことができる体の作りにも、驚いた様子だった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」