野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 選手が涙した少女への打球直撃 ネット拡大へ議論活発化、他球団選手は「100%支持」

選手が涙した少女への打球直撃 ネット拡大へ議論活発化、他球団選手は「100%支持」

5月29日(日本時間30日)にヒューストンの「ミニッツ・メイド・パーク」で行われたアストロズ-カブス戦で、痛烈なライナーのファウルボールが観戦中の4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。これを受け、選手たちも防護ネット拡大を望む声を上げたと米メディアが報じている。この試合では、ファウルを打ったカブスのアルバート・アルモラJr.内野手がその場で座り込んで涙を流すシーンがあったが、メジャーリーガーも観客が負傷するリスクが少しでも軽減されることを願っているようだ。

ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】
ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】

アクシデントを受けて議論活発化「アスレチックスの選手たちは防護ネット拡大を支持」

 5月29日(日本時間30日)にヒューストンの「ミニッツ・メイド・パーク」で行われたアストロズ-カブス戦で、痛烈なライナーのファウルボールが観戦中の4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。これを受け、選手たちも防護ネット拡大を望む声を上げたと米メディアが報じている。この試合では、ファウルを打ったカブスのアルバート・アルモラJr.内野手がその場で座り込んで涙を流すシーンがあったが、メジャーリーガーも観客が負傷するリスクが少しでも軽減されることを願っているようだ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 米メディア「NBCスポーツ」では、「アスレチックスの選手たちはMLBの球場での防護ネット拡大を支持する」とのタイトルで記事を掲載。ヒューストンでの事故を受けて、ネットを拡大すべきかどうかの議論が活発に行われるようになったと言及している。

 アストロズ-カブス戦では、4回無死一、二塁の場面でアルモラJr.が打った三塁方向への痛烈なライナーが、客席の少女に直撃した。少女はその後、病院に搬送されたが、アルモラJr.はその場で座り込んで涙。同僚のヘイワードやバエス、マドン監督に慰められ、試合後には憔悴した様子で「今は祈るしかない」などと語っていた。

 記事では、現在メジャーの全ての球場では両ダグアウトまではネットが設置されていると紹介しているが、痛烈な打球が客席に飛び込む可能性がある中、選手はそれだけでは十分ではないと考えているようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」