野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 2年に1度の甲子園で“元スター”が凱旋! 交流戦で注目の聖地を沸かせた男たち

2年に1度の甲子園で“元スター”が凱旋! 交流戦で注目の聖地を沸かせた男たち

現行のレギュレーションでは、交流戦においては各カードごとに隔年でホームとビジターを入れ替えるルールをとっている。すなわち、パ・リーグの選手にとって、高校野球の聖地でもある甲子園球場で試合ができるのは2年に1度。2019年に甲子園で試合を行うパ・リーグのチームは、日本ハム(6月7日~9日)、楽天(6月19日、20日)、西武(6月21日~23日)の3チームとなっている。

日本ハム・中田翔【画像:(C)PLM】
日本ハム・中田翔【画像:(C)PLM】

日本ハムの中田はプロ入り後、甲子園での通算成績は打率.190、1本塁打4打点

 現行のレギュレーションでは、交流戦においては各カードごとに隔年でホームとビジターを入れ替えるルールをとっている。すなわち、パ・リーグの選手にとって、高校野球の聖地でもある甲子園球場で試合ができるのは2年に1度。2019年に甲子園で試合を行うパ・リーグのチームは、日本ハム(6月7日~9日)、楽天(6月19日、20日)、西武(6月21日~23日)の3チームとなっている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 そこで、今回はこの3球団に所属する選手たちの中から、高校時代に甲子園で活躍した面々をピックアップ。平成の甲子園を沸かせたスターたちは、令和最初の交流戦で、思い出の地を舞台にどのような活躍を見せてくれるだろうか。

○日本ハムには甲子園で活躍したスターがズラリ

 中田翔内野手は、平田良介選手や辻内崇伸氏と共に出場した2005年夏の甲子園で投打に活躍。「スーパー1年生」として注目され、その後もチームの4番として活躍を続けた。現在はファイターズの主軸を張っている中田だが、実はプロ入り後の聖地・甲子園での試合では苦戦を強いられている。甲子園球場での年度別打撃成績は以下の通りだ。

2011年:2試合 8打数1安打 0本塁打0打点 打率.125
2012年:2試合 8打数3安打 0本塁打1打点 打率.375
2013年:2試合 8打数1安打 0本塁打0打点 打率.125
2014年:2試合 9打数3安打 1本塁打2打点 打率.333
2015年:3試合 10打数1安打 0本塁打0打点 打率.100
2016年:試合開催なし
2017年:3試合 15打数2安打 0本塁打1打点 打率.133
2018年:試合開催なし
通算 :14試合 58打数11安打 1本塁打4打点 打率.190

 このように、通算打率1割台に加えて、本塁打数もわずか1本、打点も「4」と、2度の打点王に輝いた経験を持つリーグ有数のクラッチヒッターとしてはやや寂しい数字となっている。プロ入り後も着実に成長して日本代表の4番にまで上り詰めた主砲は、2年ぶりとなる聖地での一戦でその本領を発揮し、甲子園のスターとしての意地を見せられるか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」