野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 西武山川63発? 巨人坂本勇4冠王&燕村上は史上最年少打点王? 今季成績予測

西武山川63発? 巨人坂本勇4冠王&燕村上は史上最年少打点王? 今季成績予測

ペナントレースはほぼ4割を消化した。これから佳境に入るが、6月8日時点での打撃成績上位の選手の成績から、今季最終の数字を予想しよう。

巨人・坂本勇人(左)、西武・山川穂高【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・坂本勇人(左)、西武・山川穂高【写真:Getty Images、荒川祐史】

ヤクルト山田&広島鈴木にトリプルスリーの可能性

 ペナントレースはほぼ4割を消化した。これから佳境に入るが、6月8日時点での打撃成績上位の選手の成績から、今季最終の数字を予想しよう。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 計算式はA+(A÷選手の出場試合数)×(チームの残り試合数) A=現時点での数字だ。なお、打率は算出できない。

【パ・リーグ】

○本塁打
1 山川穂高(西)25本→63本
2 レアード(ロ)17本→43本
2 デスパイネ(ソ)17本→41本
2 ブラッシュ(楽)17本→45本

 西武の山川は2013年、ヤクルトのバレンティンが作った60本のシーズン本塁打記録を抜く可能性がある。量産ペースでは楽天のブラッシュが2位に来ることになる。

○打点
1 山川穂高(西)60打点→151打点
2 ブラッシュ(楽)44打点→117打点
3 レアード(ロ)43打点→108打点

 山川は1950年の松竹・小鶴(161打点)、1999年の横浜R・ローズ(153打点)に次ぐ3人目の150打点超えの期待がかかる。

○盗塁
1 金子侑司(西)23盗塁→58盗塁
2 源田壮亮(西)15盗塁→38盗塁
3 外崎修汰(西)13盗塁→33盗塁

 盗塁数上位は西武勢。金子は近年珍しいハイペース。58盗塁は21世紀以降では6位に相当する。1位は2004年阪神の赤星の64盗塁だ。

○安打
1 秋山翔吾(西)77安打→193安打
2 大田泰示(日)76安打→184安打
3 茂木栄五郎(楽)71安打→177安打

 春にやや不振だった西武・秋山が復活。秋山は2015年にシーズン216安打のNPB記録を樹立しているが、ヤクルト・青木宣親に次ぐ2回目の200安打も十分狙えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」