野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、菊池との800日ぶり花巻東対決一問一答全文「特別」「もっと熱い試合を」

大谷、菊池との800日ぶり花巻東対決一問一答全文「特別」「もっと熱い試合を」

エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地マリナーズ戦で「3番・指名打者」で5試合連続で先発出場した。4回の第3打席で花巻東高の先輩にあたる菊池雄星から左中間6号ソロを放つと、5回の第4打席で右中間適時二塁打。初回2死の二塁内野安打と合わせ、5打数3安打2打点で今季2度目の猛打賞をマークした。

ラステラ、トラウトと3者連発「いい結果に転ぶ方の確率が高くなる」

【日本メディア】

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

――今季2度目の3安打2打点3得点。大勝に貢献した。
「初回からうちのペースで試合を運べたので、そこは良かったかなと思います」

――ストライクゾーンを積極的に打っているように見えた。
「基本的に甘いボールは初球からいきたいなと思っていますし、最近際どいボールはどちらかというとストライク判定は多いので、しっかり甘く来たボールは打ちたいなと思います」

――6号ソロはラステラ、トラウトの2者連発の後で球場がどよめいていた。
「そんなに打ちやすいとか打ちにくいとかは特にないんですけど、会場は盛り上がっているので。そういう意味ではいい結果に転ぶ方の確率が高くなるんじゃないかなと思います」

――打った感触は。

「入るか入らないか、わからなかったですけど、1打席目より2打席目、3打席目を重ねる方がタイミングをよく取れているので、今後はもっとつながるかなと思います」

――菊池雄星との対決だった。意識したところはあったか。

「前回は対戦できなかったので、楽しみにはしてましたし、今後ももっともっと対戦する機会が同地区なのであるんじゃないかなと思うので。そこに向けて準備したいなと思っています」

――菊池は試合後、「悔しかった」と話していた。今後も他の投手と違う意識を持つか。
「特別な気持ちはもちろん何回やっても、同じく持つんじゃないかなと思いますけど、打席の中でやることは変わらないので。そこだけ集中して頑張りたいなと思います」

――安打はすべて違う球種、コースを打った。
「本塁打になっている打席はもちろんいいと思いますし、ヒットになっている打席は良し悪しは内容によって違ってくるので。僕自身は内容だけしっかり求めて、結果は後から付いてくると思ってやりたいなと思います」

――2者連続弾で初球から打ちたい気持ちはあったか。
「それはないですね。どの打席も基本的にどのカウントでも打てる球をしっかり打ちたいなと思っているので。『いい雰囲気になった』という意味では、初球に甘い球が来るのは必然的なものはあるかなと思います」

――大谷が中学時代から見てきた菊池から本塁打を打った。
「プロでも何回かやっているので。プロで初めての方がそういう気持ちはあったのかなと思いますけど、メジャーリーグでというのも、これは特別な物があるので。気持ちでは楽しみではあったかなと思います」

――菊池から初めて本塁打を打てた。
「僕よりも監督だったりとか、コーチの方が楽しみにしている部分もあったのかなと思うので。本塁打を打った、打たないとか、抑えた、抑えられなかったということではなくて、この舞台で対戦することができたのはすごく大きいんじゃないかなと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」