野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日京田、屈辱の開幕スタメン落ちから学んだ“アライバ”の教えとは

2017年の新人王が、真のレギュラーへの脱皮を迫られている。今季、プロ3年目にして初めて開幕スタメン落ちを経験した中日の京田陽太内野手。成績に多少目を瞑って起用してもらった2年目までとは違い、与田剛監督のもと再出発を切った新生ドラゴンズで居場所をつかめない状況が続く。主力としての自覚と向き合いながら、課題の出塁率にも活路を見出そうとしている。

中日・京田陽太【写真:荒川祐史】
中日・京田陽太【写真:荒川祐史】

プロ3年目で初の開幕スタメン落ちも復調気配「この経験がプラスだったと思えるように」

 2017年の新人王が、真のレギュラーへの脱皮を迫られている。今季、プロ3年目にして初めて開幕スタメン落ちを経験した中日の京田陽太内野手。成績に多少目を瞑って起用してもらった2年目までとは違い、与田剛監督のもと再出発を切った新生ドラゴンズで居場所をつかめない状況が続く。主力としての自覚と向き合いながら、課題の出塁率にも活路を見出そうとしている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 開幕戦の1週間前。帰宅して愛妻の顔を見ると、つい弱音が出た。

「張り詰めていた糸が切れそう……」

 スポーツ紙の記事には、軒並み「懲罰」の言葉が並んだ。3月20日、ナゴヤドームでのオリックスとのオープン戦で、わずか4回で途中交代させられた。「気は抜けていなかった」と言うが、明らかな凡ミスが続いたのも確かだった。緩慢な走塁、中継プレー、打席でのあっけない三振……。翌日からの4試合中3試合でベンチスタートを命じられた。今季から新たに背番号1を身にまとった自負は、いとも簡単に崩れ落ちた。

 今までが「特別」だったのは分かっていた。無我夢中で球団新人新記録の149安打を積み上げたルーキーイヤーから一転、2年目は打率.235まで下降。それでも当時の森繁和監督(現SD)から「ダメでもお前を使い続けるからな」と言ってもらい、全143試合に出場した。だから失敗しても「絶対に次は取り返す」と前のめりの姿勢を貫けた。

 この2年間の経験を昇華させ、名実ともに不動の遊撃手になることが宿命づけられた3年目。大物ルーキー根尾昂の入団に「内心ビビっていました」と笑って振り返るが、いざ同じグラウンドに立つと自信は増した。そんな環境が慢心を生んだのか――。京田は首を横に振るが、そう見る周囲の目もあった。

 ベンチを温める屈辱は、想像した以上に堪えた。「自分が悪いのは分かっているけど、とにかく悔しかった」。日によっては起用されたものの、空回りが続く。家に帰っても悶々とした気持ちのまま過ごす。明らかにふさぎ込む夫の姿に、妻の葉月さんは「頑張ってる人に頑張れとは言えないし」と心配を募らせた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」