野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「少しでも元気に…」平成唯一の3冠王・松中氏、現役から続ける難病児支援活動に込められた思い

6月12日、ソフトバンク対阪神戦を控えたヤフオクドームのグラウンド。試合に備えて汗を流すソフトバンクナインの脇、練習見学エリアにホークスOBで“平成唯一”の三冠王となった松中信彦氏の姿があった。

松中信彦氏と浅井陽翔さんのご家族【写真:福谷佑介】
松中信彦氏と浅井陽翔さんのご家族【写真:福谷佑介】

12日の阪神戦で、球団を通じて脊髄内腫瘍を患う16歳の浅井陽翔くんを招待

 6月12日、ソフトバンク対阪神戦を控えたヤフオクドームのグラウンド。試合に備えて汗を流すソフトバンクナインの脇、練習見学エリアにホークスOBで“平成唯一”の三冠王となった松中信彦氏の姿があった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 その脇には移動式のベッドに身を預けながら、1人の青年が試合前の練習を見つめていた。浅井陽翔(はると)さん、16歳。脊髄内腫瘍を患い、闘病中の青年だった。今回、松中氏が球団を通じて依頼し、グラウンドでの練習見学が実現した。

 千賀滉大や甲斐拓也、アルフレド・デスパイネなどチームの中心選手たちが、練習中、そして練習を終えると、松中氏の呼びかけに応えて次々に陽翔くんの元に歩み寄る。記念写真を撮り、サイン色紙にペンを走らせ、そして激励の言葉をかけていった。

 松中氏は語る。

「自分の次男も難病を抱えていたこともあって、現役時代から難病を抱えた子供や、小児がんの子供に対しての色々な支援活動をしていたんです。スーパーボックスの部屋を1室借りて、普通の座席にはなかなか来られないような子供を招待していました。陽翔くんが大のホークスファンだということで。いま病気と戦っていて、なかなか元気がなくて落ち込んでいると。でも、ホークスのことになると元気になるので、なんとか球場に行けないかという話を当時の繋がりでもらいまして、今回、グラウンドに招待することが出来ました」

 松中氏自身も「ネフローゼ症候群」という難病と戦う息子を持つ父親。病と戦う子供の辛さや大変さ、そして、それを支える両親や家族の大変さを身をもって感じている。現役時代はドームのスーパーボックスを1室、シーズンを通して借り、そうした難病と戦う子供たち、小児がんと闘病している子供たちとその家族を招待し、少しでも元気付けられるようにと支援活動を行っていたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」