野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA人気企画が横浜の街へスピンオフ「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN」初開催

「横浜スポーツタウン構想」を掲げ、地元密着型の球団を目指す横浜DeNAベイスターズが、令和最初の七夕の週末、7月6、7日に新たなイベントを開催する。その名も「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN 2019」だ。2012年から横浜・夏の一大イベントとして始まった「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」のスピンオフ企画で、イベント限定ユニホームを着て横浜の街を走ったり歩いたりしながら盛り上げようという新しい試みだ。

初開催となる「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN 2019」への意気込みを語るイベント企画グループの酒井優介さん【写真:佐藤直子】
初開催となる「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN 2019」への意気込みを語るイベント企画グループの酒井優介さん【写真:佐藤直子】

7月6、7日に赤レンガ倉庫をメイン会場とした終日イベント実施

「横浜スポーツタウン構想」を掲げ、地元密着型の球団を目指す横浜DeNAベイスターズが、令和最初の七夕の週末、7月6、7日に新たなイベントを開催する。その名も「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN 2019」だ。2012年から横浜・夏の一大イベントとして始まった「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」のスピンオフ企画で、イベント限定ユニホームを着て横浜の街を走ったり歩いたりしながら盛り上げようという新しい試みだ。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 今年は7月30日からのヤクルト3連戦で実施される本家「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」に先駆け、7月最初の週末に行われる「STAR☆NIGHT RUN」は観光名所でもある横浜赤レンガ倉庫をメイン会場とする。夜景のきれいな横浜の魅力を感じながら光と音の演出の中で2キロを走るナイトランの他にも、日中に親子で参加できる1.5キロを走る「STAR☆FAMILY RUN」、スマートフォンアプリとGPS機能を使って横浜の街を歩いた足跡でアートを描く「STAR☆ART WALK」も同時開催。また、両日ともにメイン会場では宇徳敬子、hitomi、仮面女子ら豪華アーティストによるライブパフォーマンス、球団オリジナルグルメや横浜で人気のキッチンカーによるグルメが楽しめるなど、子供から大人まで誰もが七夕の週末を楽しめる趣向となっている。

「今回は、子供からお年寄りまで幅広い層の方に参加していただけるランニング・ウォーキングというスポーツを通じて、横浜スタジアム、DeNAベイスターズの熱気を街に広げていきたいと考え、イベントを企画しました」

 そう語るのは、イベント企画グループの酒井優介さんだ。選手と同じ特別ユニフォームを着て応援する「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」は、いまやチケットが即日完売するほどの大人気イベントに。球場だけには収まりきらなくなった熱気を、2017年からはライブビューイングという形で球場外に拡大。そして今回は、参加者に赤レンガ倉庫から横浜スタジアム周辺を実際に走ったり歩いたりしながら、より横浜という街を身近に感じ、盛り上げていきたいという想いが込められている。

 今回、ナイトラン、ファミリーラン、アートウォークへの全参加者には、「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2019 Supported by 横浜銀行」特別ユニホームの左袖に「YOKOHAMA STAR☆NIGHT RUN」のロゴが入った限定ユニホームが付いてくるので、街がベイスターズのユニホームを着た人々で染められる。ナイトランのコースには、今年の「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」のテーマでもある「宇宙への航海」を連想させるLED照明を使った光と音の演出が施される予定。七夕の横浜がより幻想的なイメージで包まれる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」