野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米マイナーリーガーは月給12万円!? 米紙が過酷さを特集「最低賃金以下の生活」

米マイナーリーガーは月給12万円!? 米紙が過酷さを特集「最低賃金以下の生活」

ソフトバンクが、昨年の全米ドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けたカーター・スチュワート投手を獲得し、日米で大きな話題となった。昨年は右肘の懸念もあり、ブレーブスとの契約に至らなかったスチュワートは、今年もドラフト上位指名候補と見られていたが、“日本行き”という前代未聞の決断を下した。

日本球界入りを選択し、話題となったソフトバンクのカーター・スチュワート【写真:藤浦一都】
日本球界入りを選択し、話題となったソフトバンクのカーター・スチュワート【写真:藤浦一都】

数年間の下積み生活を送るマイナーリーガー、「夢を追うため」過酷な生活を…

 ソフトバンクが、昨年の全米ドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けたカーター・スチュワート投手を獲得し、日米で大きな話題となった。昨年は右肘の懸念もあり、ブレーブスとの契約に至らなかったスチュワートは、今年もドラフト上位指名候補と見られていたが、“日本行き”という前代未聞の決断を下した。米メディアは、ソフトバンクが出来高込みで1200万ドル以上(約13億8600万円)の契約を提示したと伝えているが、大物代理人のスコット・ボラス氏が「(日本行きのほうが)経済的に断然メリットがある」と語るなど、条件面の違いも決断を後押しした可能性が高い。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米国では、どんな有望株であっても、マイナーで数年間の下積み生活を送り、メジャーデビューを果たすことがほとんど。その間のマイナーリーガーの生活は過酷だ。米メディアは「マイナーリーガーは最低賃金以下の生活を送っている」とレポート。若手選手が月給1100ドル(約11万8000円)という厳しい条件で夢を追いかけている実状について伝えている。

 特集を組んだのは、ワシントンDCの週間新聞「ワシントンシティ・ペーパー」。「マイナーリーガーたちは夢を追うために最低賃金以下の生活を送っている」とのタイトルで、若手選手がいかに苦しい条件の中でプレーしているかに迫っている。その中に登場するのは、ナショナルズ傘下1A+のポトマックに所属するコール・フリーマン内野手。ルイジアナ州立大からドラフト4巡目で入団した同選手は現在、球場から約10分の距離にあるホストファミリー宅に暮らしているといい、契約金15万ドル(約1610万円)を手にできたことは「幸運」だったと考えているという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」