野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

坂本勇人の“脱帽”を励みに―日ハム大田の現在地「背中、プレーで見せながら」

日本ハムの大田泰示外野手がリーグ戦再開後の奮闘を誓った。今季は72試合出場し、打率.285、13本塁打、47打点。主力選手としてリーグ優勝争いの力となっている。巨人からトレード移籍3年目。大田の現在地に迫った。

巨人・坂本勇人(左)と日本ハム・大田泰示【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・坂本勇人(左)と日本ハム・大田泰示【写真:Getty Images、荒川祐史】

日本ハム3年目の今季は打率.285&13本塁打&47打点「打撃の引き出しが増えている」

 日本ハムの大田泰示外野手がリーグ戦再開後の奮闘を誓った。今季は72試合出場し、打率.285、13本塁打、47打点。主力選手としてリーグ優勝争いの力となっている。巨人からトレード移籍3年目。大田の現在地に迫った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 周囲を驚かせたトレード移籍は大正解だった。大田は開幕から強打の2番打者として君臨。巨人時代は未完の大器のまま1軍定着できなかったが、北の大地でレギュラーとして活躍している。

「(1軍定着は)自信になるというより、より考えが深くなるというか……。自分の経験の中でこうした方がいい、ああした方がいいと、より自分の打撃の引き出しが増えていると思います。試合に出るにつれて、いい意味での慣れも出てきています。最低限これをやれば、いい結果が出るんじゃないか。そういうのもあります」

 巨人では16年の62試合が最多出場だった。毎シーズン覚醒が期待されたが、12球団で1、2を争う分厚い選手層に跳ね返されてきた。大田が1、2軍を行ったり来たりする中、阿部慎之助、坂本勇人、村田修一、長野久義らが絶対的レギュラーとして君臨していた。

「僕が入った時から何年も何年もずっとレギュラーに出ている選手がいて、その先輩方がきっちりと成績を残す。今になっては、その先輩方の苦労や凄さだったり、あるいはその時の準備の仕方、行動の1つ1つが今の自分にとって、いい教科書になってくれています」

「勇人さんは歳が近くて、僕が入った時からレギュラーとして出ている。苦労しながらも年々成績を上げて……。(学んだことは)試合前のルーチンもそうだし、試合に入る中で『この投手はこう打った方がいい』とか。アプローチの仕方は選手それぞれですけど、アプローチの考え方は勉強になっています」

 巨人時代の大田にとって坂本は“憧れ”だった。年齢2歳違いの先輩から、今後への励みを得た。14日の古巣・巨人戦(札幌ドーム)、5回2死の守備。坂本勇人の右翼フェンス際への大飛球に、フェンスに体をぶつけながらジャンプしてキャッチ。抜けていれば長打は確実の大飛球。坂本勇から「ナイスキャッチ」と言わんばかりにヘルメットを取って称えられた。

「今やジャイアンツのキャプテンで、本当に看板を背負っている人が……。後輩の僕からしてみれば、嬉しかったです。勇人さんは凄い選手。そして心があるなと。声をかけてくれたり、『移籍してよかったな』と言ってくれますし。それは勇人さんだけでなく、阿部さんもそうですが、プレーで勇人さんがああやってくれたのはすごく嬉しかったです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」