セントルイスでまた“名場面” 難病の母親のために移籍したドラ1の“帰還”に総立ち

セントルイスのファンに総立ちで迎えられたアスレチックスのスティーブン・ピスコッティ【写真:Getty Images】
セントルイスのファンに総立ちで迎えられたアスレチックスのスティーブン・ピスコッティ【写真:Getty Images】

ピスコッティにスタンディングオベーション、本人は「多くの感情がこみ上げてきました」

■アスレチックス 7-3 カージナルス(日本時間26日・セントルイス)

 アスレチックスのスティーブン・ピスコッティ外野手が25日(日本時間26日)、古巣カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムに凱旋。野球熱の高いセントルイスのファンからスタンディングオベーションで迎えられ、感動を呼んでいる。

 ピスコッティは「6番・右翼」でスタメン出場。2回1死走者なしで迎えた第1打席で名前がコールされると、スタジアムは総立ちとなった。名捕手のヤディアー・モリーナはすっと立ち上がり、地面のゴミを拾うような仕草を見せながらマウンド方向へ。ファンが拍手を送る時間を作ると、歓声は徐々に大きくなり、ピスコッティはヘルメットを掲げてこれに応えた。

 23日(同24日)までエンゼルスとの3連戦を行っていたブッシュ・スタジアムは、移籍後初めて帰還した“レジェンド”のアルバート・プホルスをスタンディングオベーションで迎え、感動的なシーンが話題となったばかり。ファンやモリーナをはじめとするカージナルスの選手たちは、ピスコッティも同じように熱烈に歓迎した。

 ピスコッティは2012年のドラフト1巡目追補(全体36位)でカージナルスに入団。有望株として順調に成長し、2015年にメジャーデビューを飾った。しかし、2017年にトレードでアスレチックスに移籍。その理由は全米で大きな話題となった。

 当時、26歳だったピスコッティには難病の「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)を発症した母親グレッチェンさんがいた。ピスコッティはグレッチェンさんの近くでプレーするため、療養先だったカリフォルニアに移籍。このトレードを実現させた両チームのフロントにも称賛の声が上がっていた。グレッチェンさんは闘病生活の末に昨年5月にこの世を去ったが、経緯を知るセントルイスのファンはこの日、ピスコッティを拍手で迎えた。

ファンは感動「モリーナは本物の紳士」「カージナルスファンは球界最高」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY