野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLBインド進出 国際部副社長の狙い「野球の成長の余地はある」「公式戦開催を」

MLBインド進出 国際部副社長の狙い「野球の成長の余地はある」「公式戦開催を」

大リーグ機構(MLB)は6月29、30日にヤンキースとレッドソックスによる伝統の一戦をロンドンで開催した。これに続き、7月2日(日本時間3日)にはインドのニューデリーに国際オフィスを設立すると発表した。

MLBインドオフィス設立会見の様子【写真提供:ジム・スモール】
MLBインドオフィス設立会見の様子【写真提供:ジム・スモール】

インドは15年以上前から目をつけていた市場

 大リーグ機構(MLB)は6月29、30日にヤンキースとレッドソックスによる伝統の一戦をロンドンで開催した。これに続き、7月2日(日本時間3日)にはインドのニューデリーに国際オフィスを設立すると発表した。

 インドではクリケットが絶大の人気を誇り、トップ選手であればおよそ40億円を稼ぐとも言われている。投手が投げて、打者が打つ。ルールこそ違えど、野球と似た動きをする選手達に既にMLBは注目していた。2007年にはインド各地で「ミリオンダラー・アーム」と呼ばれるスピードガンコンテストを開催し2人のインド人選手、リンク・シンとディネシュ・パテル両選手を発掘。

 1から野球を覚え、翌年にはトライアウトを経てパイレーツとマイナー契約を果たす。彼らの入団までの過程は映画化もされるほどだった。実際の2人はメジャー昇格こそできなかったが、世界戦略を展開するMLBにとって大きな事例をつくったことになる。

 それから約11年が経過し、MLBはインドのニューデリーに新オフィスを構えることを発表した。今回、新オフィス設立発表の記者会見に出席した国際部門のジム・スモール副社長に話を聞いた。

 世界2位の人口を誇るインドに対し、MLBはいつから目をつけていたのだろうか。それは「ミリオンダラー・アーム」が始まる数年前から既に市場化する計画は始まっていたという。

「インドには15年以上前から目をつけていました。将来的な市場となりえるかどうかは、コーチを現地に派遣して野球プログラムを実施したり、野球用具を送ったりしながら見極めていきました。その間に多くのリサーチを繰り返して昨年、インドで野球にも成長の余地があるとみて投資することを決めたのです」

 シンとパテル両選手以降はインド人選手とマイナー契約を結んだ球団はない。しかし、現地にはMLBのコーチが継続的に派遣され、クリケットが国のスポーツを支える場所に野球が入り込む余地があるか常にチェックしていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」