野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ロッテ
  • ロッテ鈴木、好調を支える試合前の“特別な練習” 「朝起きて歯磨きをするのと一緒」

ロッテ鈴木、好調を支える試合前の“特別な練習” 「朝起きて歯磨きをするのと一緒」

今季開幕はベンチで迎えたものの、自らのバットでレギュラーを再奪取したロッテ・鈴木大地内野手。7月22日現在、84試合に出場。打率.299(311打数93安打)、12本塁打(自己最多)、47打点と好調を維持するチームリーダーには全体練習前、ホーム球場で行う“ある習慣”があった。

打撃練習を行うロッテ・鈴木大地【写真:岩国誠】
打撃練習を行うロッテ・鈴木大地【写真:岩国誠】

開幕ベンチスタートもレギュラーを奪い返した鈴木

 今季開幕はベンチで迎えたものの、自らのバットでレギュラーを再奪取したロッテ・鈴木大地内野手。7月22日現在、84試合に出場。打率.299(311打数93安打)、12本塁打(自己最多)、47打点と好調を維持するチームリーダーには全体練習前、ホーム球場で行う“ある習慣”があった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 7月某日、ナイトゲームを控えるZOZOマリンスタジアム。全体練習が始まる30分程前、三塁ベンチ前には必ずと言っていいほど、打撃投手が正面からあげる少し緩いトスを、1球1球確認しながら、楽しそうに打ち返す鈴木の姿がある。

「全体練習前にバットを振りたいなと。そういう習慣をつけたいなと思って」と昨年途中、打撃投手に協力を仰ぎ、この練習を始めた鈴木。きっかけは自身のパフォーマンスに対する危機感からだった。

 昨シーズン「5番・三塁」で開幕を迎えた鈴木だったが、5月終了時の打撃成績は160打数37安打、打率.231と低迷し、下位を打つことも多くなった。「昨年の初めは不甲斐ない成績で、シーズン途中に『本当、このままだったら終わるな』と思ったので、まずは量を振りたいなと。ただバットを振るだけでは自分の中では続かないなと思ったので、やはり試合に直結するようなイメージでちゃんと前から投げてもらって、タイミングをしっかり取って打っています」

 一見すると、ロングティーのように見えるこの練習だが、通常のものとは違い「なるべく試合に直結するイメージで」という鈴木の考えが大きく反映されている。

 まずトス上げの位置だが、打者の斜め前方からではなく、実戦の投手と同じく打者の正面、10メートルくらい離れた位置から、防護ネットを挟んで行う。トスは下から投げるのではなく上から、緩いボールを投げるのだが、そこにも鈴木のこだわりがある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」