野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ安田、清宮&村上を追い“本物”の大砲へ 「やっぱり僕も頑張らないと」

入団2年目を迎える今季、飛躍が大きく期待されるロッテの若き大砲・安田尚憲内野手。1軍昇格こそないものの、ファームでは出場した77試合すべてで4番を任される20歳の若者は今、何を思うのか。

ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】
ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】

ここまで1軍昇格はないが2軍では4番に座り11本塁打をマーク

 入団2年目を迎える今季、飛躍が大きく期待されるロッテの若き大砲・安田尚憲内野手。1軍昇格こそないものの、ファームでは出場した77試合すべてで4番を任される20歳の若者は今、何を思うのか。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 7月中旬のロッテ浦和球場。強い日差しが照りつける中、懸命に声を出す安田の姿がそこにはあった。7月26日現在、ファーム77試合で4番を務めるロッテの若き大砲は、打率.259、11本塁打(リーグトップタイ)、56打点(リーグトップ)とその役割を見事に果たしている。

「もっともっと、ホームランを打てていればよかったんですけど」と、本塁打数で少し満足できていない様子だったが、「最近ではいい形で打席にも入れていますし、昨年より着実に成長できていると思っているので、このまま継続してやっていきたい」と、自身の中では、昨年からの成長を実感している。

 昨年とは違い「(2年目で)気持ちの余裕も出てきましたし、体力的な余裕も出てきている」と確かな手ごたえも感じている。

「難しいんですけど。打席でのボールの見え方であったり、余裕であったり。スイング自体も強くなってきていますし、打席の内容が徐々にですけど、よくなってきていると思っています。まだまだなんですけども、去年だったら簡単にアウトになってしまっていたものが、今年は粘ってヒットにできたり、ボールの飛距離も去年よりだいぶ出てきているので、そのあたりが成長できているんじゃなかなと思っています」

 特に取り込んでいることには「下(半身)を使ってしっかり振ること」を挙げた。「そこをメインに考えてやっています。それができるようになって今、だいぶスイングが強くなってきているので、バッティング練習でのボールの飛び方も変わってきている。そこは今、意識しているところです」

 5月のある日。雨でファームの試合が中止になった時、福浦和也内野手兼打撃コーチとともに、室内練習場にてボールを打ち上げる練習を行っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」