野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「あの死球があったから…」日ハム杉谷が語る甲子園1球敗戦投手から得た教訓とは

死球で人を笑顔にする日本ハム・杉谷拳士内野手。その裏には「あの死球があったから今がある」と振り返る1球がある。たった1球で敗戦投手になった2006年夏の甲子園。球界屈指のムードメーカーが「甲子園史上最も壮絶な試合」とも言われる準々決勝、帝京(東東京)-智弁和歌山(和歌山)戦を振り返った。

「1球の重さ、大切さ、その責任。あの1球ですごく学んだと思います。あれ!? いい話になっちゃった」

 3年夏は東東京大会の予選で敗退した。それでも、1日休みを取っただけで、すぐに木製バットを使った練習を開始。「(森本)稀哲さんがすごく楽しそうに野球をしていた。こんな球団で野球がやりたいな」と日本ハムの入団テストを受けて合格した。念願の日本ハム入りを果たした。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「1球の大切さ、怖さを感じて。あの経験がなかったからプロに行けなかったかもと思うし、(プロで活躍している)今はないと思います」

 あの悪夢から13年。チームでは内外野を守り、打撃では自ら「スギノール」と呼ぶパワーを秘める。1軍に欠かせない選手としての位置を確立した。そして、ファンから「野球の上手い芸人」とも言われる明るいキャラクター。“死球アピール”では観客やチームメートからも笑いが起きる。杉谷は「審判さんにも『何を言っているんだ』と言われますけど、本当に当たっているから言っているだけです!」と言い切るが、1球の怖さを知るからこその全力プレーだ。

「プロではいろんな人たちの生活がかかっているし、応援してくれるファンの方々も1つのプレーにお金払って見に来てくれている。やっぱりしっかりと準備して、100%力を出せる準備をしないといけない。1球の重さ、大切さ、その責任。あの1球ですごく学んだと思います。……あれ!? いい話になっちゃったじゃないですか! これダメでしょ? 僕にこういうの求めてないでしょ」

 たった1球で敗戦投手。笑顔を絶やさないムードメーカーは今も忘れぬ苦い思い出を胸に、今日もグラウンドに立っている。

〇杉谷 拳士(すぎや・けんし)1991年2月4日、東京・練馬区出身。帝京高では1年夏から正遊撃手として、甲子園には06年夏、07年春夏と3度出場。高校通算25本塁打。08年ドラフト6位で日本ハム入り。11年に1軍デビューし、15年には84試合出場、打率.295、1本塁打、12打点、8盗塁を記録した。今季は5月23日の楽天戦では史上19人目の左右両打席本塁打を達成。ここまで63試合出場、打率.219、4本塁打、12打点、5盗塁、出塁率.291。代打では18打数8安打の打率.444、1本塁打、2打点、出塁率.545と勝負強さを発揮している。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」