野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、復調の鍵は…米誌指摘「スプリットなしではタナカは信頼できない」

ヤンキースの田中将大投手は今季21試合に登板して7勝6敗。宿敵レッドソックス戦での2度の炎上劇が響き、防御率は4.79まで悪化している。米メディアは、今季の不調の要因はスプリットにあると指摘。「スプリットなしではタナカは信頼できない」と、宝刀の輝きを取り戻すことが田中の復活につながると分析している。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

先発投手陣が崩壊状態のヤンキース、田中は12失点で「ついにどん底」

 ヤンキースの田中将大投手は今季21試合に登板して7勝6敗。宿敵レッドソックス戦での2度の炎上劇が響き、防御率は4.79まで悪化している。米メディアは、今季の不調の要因はスプリットにあると指摘。「スプリットなしではタナカは信頼できない」と、宝刀の輝きを取り戻すことが田中の復活につながると分析している。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 特集を組んだのは、権威ある米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」。7月31日(日本時間1日)のトレード期限を目前に「どのチームが最もトレード期限のプレッシャーに直面しているか? ヤンキースから見てみよう」とのタイトルで分析し、その中に「ヤンキースの先発投手」という項目を設けている。

 記事では「ヤンキースは密かにトレードを行うのが好きである。しかし、彼らのローテーションはとても酷く、金額が高騰する状況でトレードしなければならない。ヤンキースのローテーションは崩壊し、スランプ以上に深刻な問題であるように見える。先発全員が問題を抱えている」と指摘。田中が25日(同26日)のレッドソックス戦で3回1/3を自己ワーストの12安打12失点と炎上するなど、ヤンキースの先発投手陣は乱調が続いており、補強が急務とされている。

 田中については「彼は今季、決め球のスプリットなしで投げていて、木曜日のレッドソックス戦で12失点し、ついにどん底に陥った」と言及。実際には、スプリットも投げてはいるが、状態が上がらない期間が長く、決め球として機能しない試合も多かった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」