野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 横須賀で育って横浜で活躍― ベイスターズ新ファーム施設に込められた想いとは

横須賀で育って横浜で活躍― ベイスターズ新ファーム施設に込められた想いとは

1998年以来21年ぶりのリーグ優勝に向けて、激しい首位争いを繰り広げているDeNA。投手陣を見ても野手陣を見ても、ドラフトを経て2軍で育った若手選手たちの躍動が光る。選手を“自家栽培”する育成システムが徐々に確立されつつあるが、この度、育成を環境面からサポートするファーム施設が横須賀市の追浜公園内に完成した。8月17日に落成式を迎える「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA(ドック オブ ベイスターズ ヨコスカ)」だ。「Full-Count」では一足早く現地を訪れ、モダンかつ実用的な施設を見学させてもらった。

DeNAのファーム施設が横須賀市の追浜公園内に完成【写真:佐藤直子】
DeNAのファーム施設が横須賀市の追浜公園内に完成【写真:佐藤直子】

横須賀スタジアムのある追浜公園内に「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」誕生

 1998年以来21年ぶりのリーグ優勝に向けて、激しい首位争いを繰り広げているDeNA。投手陣を見ても野手陣を見ても、ドラフトを経て2軍で育った若手選手たちの躍動が光る。選手を“自家栽培”する育成システムが徐々に確立されつつあるが、この度、育成を環境面からサポートするファーム施設が横須賀市の追浜公園内に完成した。8月17日に落成式を迎える「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA(ドック オブ ベイスターズ ヨコスカ)」だ。「Full-Count」では一足早く現地を訪れ、モダンかつ実用的な施設を見学させてもらった。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 横須賀市追浜公園内に新たなベイスターズのアイコンが完成した。公式戦が行われる横須賀スタジアムに隣接するエリアに屋外練習場、屋内練習場、選手寮を新設。1軍での活躍を目指すファームの選手たちが、より野球に専念しやすい環境が整った。これまで練習場と選手寮などがある総合練習場は、横須賀スタジアムから約5キロ離れた場所にあり、不便なことも多かった。前身の大洋時代から30年以上にわたり使われてきた練習場には多くの思い出や愛着もあるが、横須賀市とタッグを組み、チームの強化に向けて大きく舵を切った。

 プロジェクトが立ち上がったのは、今から約4年ほど前のこと。チーム統括部の上林遼さんが「野球のチームは日本だけではなく、韓国やアメリカにも行って、施設を見学させてもらいました」と話せば、同ファーム・育成部の桑原義行さんは「サッカーチームの施設を見に行ったり、バスケチームの施設を見に行ったり、他競技の施設からもアイディアをもらいました。僕も上林もたまたま完成の時にプロジェクト担当になっていますが、代々の前任者など色々な人の思いが引き継がれています」と振り返る。

「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」全体に通じるコンセプトは「1軍で活躍できる選手の育成環境を整えること」。横須賀スタジアムの真横に位置する屋外練習場は、1軍の本拠球場・横浜スタジアムの形状を再現した。両翼や中堅フェンスまでの距離、外野フェンスの高さに加え、マウンドの土、人工芝も横浜スタジアムにならった形状に。選手は自分が1軍でプレーする姿をイメージしながら練習に取り組め、実際に昇格すれば場所こそ違えど慣れた環境で実力を発揮しやすくなる。

 外光を程よく取り入れる特殊素材を使用した屋根を持つ屋内練習場は、圧迫感のない明るく開放的な雰囲気が特徴で、グラウンドの他に打撃ケージが複数用意されている。選手寮の隣に位置し、寮の玄関を出れば約15秒で到着。夕食を終えた後でも、選手は思い立ったらすぐに練習することができる。アクセスの良さは屋外練習場も同じ。こちらは玄関から20秒ほどで到着だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」