野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ロッテ
  • ロッテ鈴木が感じた日ハムドラ1吉田輝の可能性 「今後戦っていく上で、強敵になってくる」

ロッテ鈴木が感じた日ハムドラ1吉田輝の可能性 「今後戦っていく上で、強敵になってくる」

ロッテ・鈴木大地内野手が14日、初対戦となった日本ハム先発・吉田輝から14号2ランを放ち、昨年話題をさらったドラフト1位ルーキーにプロの洗礼を浴びせた。

ロッテ・鈴木大地【写真:岩国誠】
ロッテ・鈴木大地【写真:岩国誠】

初回の第1打席で14号2ランを放つなど吉田輝から2安打

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテ・鈴木大地内野手が14日、初対戦となった日本ハム先発・吉田輝から14号2ランを放ち、昨年話題をさらったドラフト1位ルーキーにプロの洗礼を浴びせた。

 連敗ストップを託された黄金ルーキーに、初回から強烈な先制パンチを浴びせた。日本ハム先発・吉田輝のリーグ最初の対戦相手となったロッテ。先頭の荻野貴が今季4度目となる8号先頭打者弾でリードを奪うと続くマーティンが四球を選び動揺を隠せないルーキーの隙を見逃さなかったのが鈴木だ。

「ホームラン、フォアボールでバタバタしていたので、初球から行こう」と、迷いなく振り抜いた初球142キロの直球をとらえると、打球は右翼スタンドへ一直線。7月26日の対楽天戦以来、19試合ぶりとなる14号2ランで初回から一気に3点を奪った。

 初球狙いの理由はもう一つある。「交流戦とかもそうですが、データがないピッチャーだと(ボールを)見ちゃうと、あっという間に終わってしまうので、そこはもうシンプルに」。相手のボールを見ながら、いろいろ考えるのではなく、来た球に素直に反応するという、シンプルな思考で好結果につなげた。

 2回には荻野が2打席連続となる9号2ラン。これで3発5失点となった吉田輝だが、3回もマウンドへ。先頭打者は、この日2度目の対戦となる鈴木。2ボールとボールが先行したところで「1球は見てもいいかな」と、低めの直球を見逃し。「打ちには行っていましたが、自分の中でもある程度の余裕があった」という目下絶好調の3番打者は、フルカウントからの7球目、外角高め143キロの直球を中前に運び、2打数2安打。この一打で吉田輝を降板へと追い込んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」