野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ種市、仕事前の勝負メシは? 「粘り強いピッチングができるように…」

梅雨が明けたと思ったら、いきなりの猛暑続き。うだるような暑さなのは杜の都・仙台も同じだ。8月4日に楽天生命パーク宮城で、パ・リーグオフィシャルスポンサーのパーソルグループによる冠試合「パーソルDAY」の楽天-ロッテ戦が行われた。

ロッテ・種市篤暉【写真: パーソル パ・リーグTV】
ロッテ・種市篤暉【写真: パーソル パ・リーグTV】

8月4日の楽天戦で7回3安打無失点10Kの快投、20歳右腕の願掛けは…

 梅雨が明けたと思ったら、いきなりの猛暑続き。うだるような暑さなのは杜の都・仙台も同じだ。8月4日に楽天生命パーク宮城で、パ・リーグオフィシャルスポンサーのパーソルグループによる冠試合「パーソルDAY」の楽天-ロッテ戦が行われた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 試合前の始球式は、宮城県在住の及川琴絵さんが務めた。学生生活最後の夏の思い出をつくりたいと応募して、見事投球権を射止めたラッキーガールだ。2013年の優勝を見て感動し、楽天イーグルスファンに。中でも、グッズは全て背番号「6」で徹底するほどの藤田一也内野手ファンだ。

「(始球式投球権特典の)藤田選手のサイン入りのユニフォームを見た瞬間、もう泣きそうになるくらいうれしかったです」と目にはキラリ光るものが。その特別なユニフォームをまとっての登板。中高の6年間ソフトボール部の外野守備で慣らしてきた強肩で、ノーバンで堀内謙伍捕手のミットに収める見事な投球を披露した。「堀内選手に『ナイスピッチ!』って言ってもらえました!」と充実した笑顔を見せた。

 前日、延長12回を0-0で終えた試合から一転、当日はロッテ打線がつながりを見せ、レオネス・マーティン外野手の2安打3打点、角中勝也外野手の3ランなど、大技小技で点を積み重ねた。なかでも楽天の金森投手コーチが「指に掛かった力強いストレート」と評したように、ロッテ先発の種市篤暉投手の活躍が光る。外角に気持ちよく決まる直球と、130キロ台後半のフォークで三振の山を築き、7回を10奪三振3安打無失点のパーフェクトピッチングで6勝目を挙げた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」