野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷を「あと20年見たい」 CY賞候補右腕が米紙で絶賛、二刀流は「クレイジー」

大谷を「あと20年見たい」 CY賞候補右腕が米紙で絶賛、二刀流は「クレイジー」

23日(日本時間24日)の敵地アストロズ戦に「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平投手。この試合は4打数無安打に終わったが、同地区のライバルのオールスター右腕は昨季メジャーで100年ぶりの二刀流を実現した大谷を称賛。打者としてはメジャーNO1プレーヤーのマイク・トラウト外野手クラスと評価する一方で、「あと20年プレーを見たい。クローザーとして見たい」と独自の起用法を提言している。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」が報じた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

アストロズの右腕コールが驚嘆「彼には恵まれた才能がある」

 23日(日本時間24日)の敵地アストロズ戦に「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平投手。この試合は4打数無安打に終わったが、同地区のライバルのオールスター右腕は昨季メジャーで100年ぶりの二刀流を実現した大谷を称賛。打者としてはメジャーNO1プレーヤーのマイク・トラウト外野手クラスと評価する一方で、「あと20年プレーを見たい。クローザーとして見たい」と独自の起用法を提言している。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」が報じた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季15勝5敗、防御率2.75と圧巻の活躍を見せているアストロズのゲリット・コール。今オフのFA市場の目玉と評価される右腕は、記事の中でメジャー2年目の大谷に驚嘆している。

「(二刀流は)自分にとっては理解し難い。とにかく理解できない。フィジカル的な要求が不可解だ。自分には想像もできない。間違いなく、彼は二刀流をこなす能力の持ち主。なんてことなんだ。挑戦しない理由がないよ。彼には恵まれた才能がある。ならばやるべきだ。クレイジーだけどね。そのようなことを見たことがなかったから」

 ベーブ・ルース以来となるメジャー100年ぶりの二刀流センセーションを昨季米国で巻き起こした大谷。今季は投手としてリハビリを進めているが、投打両面で調整しながら活躍できる規格外のキャパシティにコールは驚きを隠しきれない様子だったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」