野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

将来の計画を全部消した― ITコンサルタントとして歩む元G左腕が描く未来

何かをイメージすることは大切だ。スポーツ界でも「イメージトレーニング」の重要性が説かれ、多くのアスリートが試合やレースに臨む前、自分が最高の結果を掴む姿を思い描く人が多い。だが、時には、イメージ通りに物事が進まないこともある。いや、進まないことの方が多いかもしれない。

現在はITコンサルタントとして働く柴田章吾【写真:佐藤直子】
現在はITコンサルタントとして働く柴田章吾【写真:佐藤直子】

巨人育成選手として3年を過ごした柴田章吾氏が歩む第2の人生

 何かをイメージすることは大切だ。スポーツ界でも「イメージトレーニング」の重要性が説かれ、多くのアスリートが試合やレースに臨む前、自分が最高の結果を掴む姿を思い描く人が多い。だが、時には、イメージ通りに物事が進まないこともある。いや、進まないことの方が多いかもしれない。

 現在、外資系総合コンサルティング会社のアクセンチュア株式会社でITコンサルタントとして働く柴田章吾氏も、イメージ通りに物事が進まなかった経験を持つ。小学生の頃から事細かに将来の計画を書き記していたが、それは30歳の時点でも40歳の時点でも「プロ野球選手として過ごすこと」が前提のものだった。明治大から2011年育成ドラフト3位で巨人入りした柴田氏は、1軍を目指して3年奮闘した。だが、2014年のシーズン終了後に戦力外通告を受け、現役生活にピリオドを打った。

「昔から日記を書いたりキャリアビジョンを描いたりするのが好きで、『何年後にはこうなる』って書き続けていました。でも結局、野球選手としては25歳で終わってしまったので、その先の計画を全部消さなければならなかった。キャリアビジョンを作り直した時、僕は一体何になりたいんだろうなって。その組み立てが大変でしたし、相当時間を費やしました」

 2015年は巨人の球団職員として、ジャイアンツアカデミーのコーチを務めた。子供に野球を指導しながら、就職活動をスタート。「何かを商品にする仕事よりも、自分が商品になる仕事をしたい」という思いを抱き、商社や広告代理店を中心にOB訪問や面接を重ねるうちに、アクセンチュアの存在を知った。当初は人気企業であることすら知らなかったが、縁が両者を引き寄せた。

 意気揚々と入社したものの、いきなりつまずいた。

「最初は何もできなくて、全然自分が商品にならなかったんです(笑)が、こんな風になりたいと思える優秀な先輩が周りにたくさんいたことで成長意欲が沸き、仕事に没頭できました」

 ダイバーシティ(多様性)を掲げ人材育成に力を入れる企業だけに、早い段階から成長の機会を与えられ、4年目を迎える今ではクライアントに「柴田君と仕事がしたい」と評価されるまでになった。スーツに身を包んで海外へ出張するなど、4年前と生活は一変。忙しいながらもやり甲斐と手応えを感じる日々を過ごしている。

 転職にあたり、1つだけこだわったことがある。「元ジャイアンツ」という肩書きには頼らないということだ。「野球選手としての価値はほんの小さなものだったかもしれないですが、そこに上積みするのではなく、1人の人間として勝負したかったんです」。だからこそクライアントに名前を覚えられ、指名を受け、自分の役割や立ち位置が明確になることがうれしかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」