野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 今季開花を遂げた12球団の新星たち 終盤戦ラストスパートの鍵を握るのは誰だ?

今季開花を遂げた12球団の新星たち 終盤戦ラストスパートの鍵を握るのは誰だ?

8月も下旬に差し掛かり、ペナントレースもいよいよ佳境を迎える。各球団116試合から120試合を戦い、残り試合は25試合前後。3月末から始まったペナントを巡る戦いもわずか1か月ほどを残すばかりとなっている。

広島・小園海斗、日本ハム・清宮幸太郎、ヤクルト・村上宗隆(左から)【写真:荒川祐史】
広島・小園海斗、日本ハム・清宮幸太郎、ヤクルト・村上宗隆(左から)【写真:荒川祐史】

ホークスの高橋純は4年目の今季、リリーフとして急成長を遂げる

 8月も下旬に差し掛かり、ペナントレースもいよいよ佳境を迎える。各球団116試合から120試合を戦い、残り試合は25試合前後。3月末から始まったペナントを巡る戦いもわずか1か月ほどを残すばかりとなっている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグは巨人が首位に立ち、優勝へのマジックナンバー「20」が点灯。2位のDeNAとは6ゲーム差、3位の広島とは6.5ゲーム差となっており、5年ぶりのリーグ制覇へ歩みを進めていっている。パ・リーグは2年ぶりのリーグ優勝を目指すソフトバンクが首位に立ち、2位西武との差は3.5ゲーム差。5位の日本ハムまで7ゲームしか離れておらず、混戦の様相を呈している。

 各球団はリーグ優勝、そしてクライマックスシリーズ進出に向けて最後のスパートをかけていく。そこでここでは各球団で今季ブレークを遂げ、勝負どころとなる終盤戦で鍵を握りそうな若手を1人ずつピックアップしていく。まずはパ・リーグだ。

【パ・リーグ】
○ソフトバンク・高橋純平投手
35試合3勝2敗0S12H 防御率2.45

○西武・高橋光成投手
19試合9勝5敗0S0H 防御率4.39

○楽天・弓削隼人
5試合2勝2敗0S0H 防御率2.97

○ロッテ・種市篤暉投手
22試合7勝2敗0S2H 防御率3.19

○日本ハム・清宮幸太郎内野手
59試合174打数35安打5本塁打23打点 .201

○オリックス・山本由伸投手
16試合6勝4敗0S0H 防御率1.84

 首位に立つソフトバンクを2位の西武らが追う展開となっているパ・リーグ。1位から5位まで7ゲーム差となっており、予断を許さない混戦模様となっている。ソフトバンクはやはりリリーフ陣が最大の武器。今季途中から中継ぎ陣の一角に組み込まれ、覚醒した2015年のドラフト1位高橋純はここまで35試合に投げて防御率2.45。25日のロッテ戦では危険球退場となったが、残り試合もセットアッパーとして期待したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」