野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【野球と音楽】「ドラマー=捕手」説について大討論 ―「僕たち草野球大好きドラマー」後半

「野球」好き? 「音楽」好き? だったら、1つにつなげてしまおうという「Full-Count」特別企画。今回は「SCOOBIE DO」のオカモト“MOBY”タクヤが、「KEYTALK」の八木優樹、そして「04 Limited Sazabys」のKOUHEIを迎えて、「草野球」をテーマに開催した座談会の後半戦をお届けする。今回は、ドラマーというポジションならでは生まれる野球と音楽の話題へと進む。それでは、後半戦のプレイボール!

「KEYTALK」の八木優樹、「SCOOBIE DO」のオカモト“MOBY”タクヤ、「04 Limited Sazabys」のKOUHEI(左から)【写真:福嶋剛】
「KEYTALK」の八木優樹、「SCOOBIE DO」のオカモト“MOBY”タクヤ、「04 Limited Sazabys」のKOUHEI(左から)【写真:福嶋剛】

「KEYTALK」×「04 Limited Sazabys」×「SCOOBIE DO」による夢の座談会

「野球」好き? 「音楽」好き? だったら、1つにつなげてしまおうという「Full-Count」特別企画。今回は「SCOOBIE DO」のオカモト“MOBY”タクヤが、「KEYTALK」の八木優樹、そして「04 Limited Sazabys」のKOUHEIを迎えて、「草野球」をテーマに開催した座談会の後半戦をお届けする。今回は、ドラマーというポジションならでは生まれる野球と音楽の話題へと進む。それでは、後半戦のプレイボール!

MOBY「今回は野球好きのドラマー3人で『草野球を語ろう』というテーマで進めていますが、以前このシリーズでコレクターズの古市コータローさんと元ヤクルトの川崎憲次郎さんとの対談があって、『ドラマーとキャッチャーのポジションは似ている』という話題になったんです。そこで、今回はこの説についてドラマーのお2人に聞いてみたいなと」

KOUHEI「『ドラマー=キャッチャー』説は分かりますね」

八木「僕はキャッチャーですから(笑)。ボーカルのいる音楽的なポジションではドラマー=キャッチャーなのかなと思うんですけど、メンバー間の関係性だと必ずしもキャッチャーじゃないかなって思いますね。KOUHEIはピッチャー気質ですし、フロントマンが持っているようなものを感じますし」

KOUHEI「ピッチャーをやっていてフロントマンのように場の雰囲気を支配するみたいな感覚はあるんですけど、キャッチャーはバンドでいうと雰囲気を感じ取ってbpmをコントロールするドラマーみたいな役割なのかなって。ライブ感というか、ボーカルがこう言ったらこう行くぞ、みたいな。その時の空気感の作り方という部分で『ピッチャー=ボーカル』って感じることはありますね。うちはボーカルと僕で曲作りをしているので、ピッチャーとキャッチャーみたいなバッテリー感覚で音楽的な意見を交わすんです。八木ちゃんはいろんなものをまとめて、一番いい方法を選択してくれるタイプのドラマーかなって思っていて、僕は120%押し切るみたいな、そんなタイプの人間なんで」

MOBY「そもそもドラマー同士でバッテリーを組むなんて、なかなかないからね」

KOUHEI「音楽性も草野球で感じることってありますね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」