野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • パ・リーグ
  • 主力打者の左右投手別相性、強力打線の西武は右も左も関係なし パ6球団の数字を分析(前編)

主力打者の左右投手別相性、強力打線の西武は右も左も関係なし パ6球団の数字を分析(前編)

左投手に強い打者、右投手に強い打者、そして左右どちらの投手に対してもほぼ変わらない成績を残す打者。投手の左右によってどれだけの変化が生じるかは、打者一人一人によってさまざまだ。セオリーでは右打者は左投手に、左打者は右投手に強いとされるが、投手、野手ともに、その一般論に当てはまらない選手は多く存在する。

(左から)楽天・浅村栄斗、西武・森友哉、日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】
(左から)楽天・浅村栄斗、西武・森友哉、日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】

日本ハムと楽天は右投手が得意、西武・森は右投手に圧倒的成績

 左投手に強い打者、右投手に強い打者、そして左右どちらの投手に対してもほぼ変わらない成績を残す打者。投手の左右によってどれだけの変化が生じるかは、打者一人一人によってさまざまだ。セオリーでは右打者は左投手に、左打者は右投手に強いとされるが、投手、野手ともに、その一般論に当てはまらない選手は多く存在する。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 たとえ同じ打者であっても、シーズンによって左右投手別の相性が真逆の傾向を示す例も珍しくない。そして、選手が残した成績が束になって示されるチーム全体の成績にも、同様に明白な傾向が表れることも多いものだ。

 そこで、今回は日本ハム、楽天、西武の3球団の左右投手別打撃成績と、各球団の主力打者の左右投手別対戦成績を紹介。そのチームが全体として左腕と右腕のどちらを得意としているのか。そして、その傾向はどんな理由で生じているのか。数字をもとに探っていきたい。(記録は全て8月29日時点)

○日本ハム
対左投手:1172打数 275安打 22本塁打 102打点 打率.235 出塁率.317 OPS.661
対右投手:2894打数 753安打 63本塁打 373打点 打率.260 出塁率.333 OPS.719
合計:4066打数1028安打 85本塁打 475打点 打率.253 出塁率.328 OPS.702

 打率はリーグ2位ながら、本塁打、得点数(500)はともにリーグ5位と、やや決め手に欠く印象は否めない。左右別の対戦成績に目を向けると、チーム全体が左投手に比べて右投手を得意としていることが読み取れる。主力打者の左右別成績は以下の通りだ。

中田翔内野手(右打者)
対左投手:102打数 18安打 5本塁打 14打点 打率.176 出塁率.276 OPS.629
対右投手:287打数 77安打 18本塁打 57打点 打率.268 出塁率.354 OPS.859

渡邉諒内野手(右打者)
対左投手:113打数 29安打 2本塁打 8打点 打率.257 出塁率.354  OPS.743
対右投手:288打数 79安打 8本塁打 46打点 打率.274 出塁率.342  OPS.759

大田泰示外野手(右打者)
対左投手:131打数 33安打 3本塁打 15打点 打率.252 出塁率.289 OPS.648
対右投手:331打数 104安打 15本塁打 56打点 打率.314 出塁率.357 OPS.877

近藤健介外野手(左打者)
対左投手:131打数 38安打 0本塁打 10打点 打率.290 出塁率.386 OPS.752
対右投手:291打数 89安打 2本塁打 45打点 打率.306 出塁率.442 OPS.865

西川遥輝外野手(左打者)
対左投手:134打数 41安打 1本塁打 7打点 打率.306 出塁率.419 OPS.807
対右投手:336打数 92安打 4本塁打 29打点 打率.274 出塁率.371 OPS.752

王柏融外野手(左打者)
対左投手:85打数 19安打 2本塁打 11打点 打率.224 出塁率.284 OPS.613
対右投手:208打数 58安打 1本塁打 24打点 打率.279 出塁率.346 OPS.687

 チーム成績と同様に、選手個々の成績を見てもはっきりとした傾向が出ている。左打者の近藤や王のみならず、中田、大田、渡邉といった右打者も、揃って左投手よりも右投手を得意としている。特に中田と大田は打率やOPSを見ても、左打者の近藤や王以上に顕著に差が表れているといえる。

 やや打数の少ない選手にもその傾向は表れている。石井一成内野手(対左打率.195、対右打率.221)、清宮幸太郎内野手(対左打率.174、対右打率.209)、杉谷拳士内野手(対左打率.190、対右打率.235)、中島卓也内野手(対左打率.185、対右打率.223)と、対左打率が1割台とかなり苦にしている打者が少なくなかった。

 主力打者の中で、唯一の例外といえるのが西川だ。左打者ながら左投手を苦にせず、対左打率.306という好成績を残している。2018年は対右打率.294に対して対左打率.231と真逆の傾向が示されていただけに、前年の課題を1つ克服しつつあるシーズンといえるか。

 ほかに清水優心捕手(対左打率.302、対右打率.258)、横尾俊建内野手(対左打率.214、対右打率.172)という右打ちの若手2人に加え、平沼翔太内野手(対左打率.263、対右打率.253)、そしてベテランの田中賢介内野手(対左打率.292、対右打率.267)の左打者2人も左投手を得意としており、チームの弱点を補う存在として期待できる可能性も十分だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」