野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】侍J西「出来すぎ」“苦戦”木製バットから2発8打点につなげたコツとは

韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、侍ジャパン高校代表は南アフリカに19-0と圧勝した。「7番・DH」で起用された西純矢(創志学園)の2本塁打を含む3安打8打点の活躍。6回コールド勝ちした。投手としては最速154キロを投げるドラフト1位候補だが、打っても高校通算25本塁打と能力が高い。しかし、代表に合流してからは、その打撃は影を潜めていた。

南アフリカ戦で2本塁打8打点と活躍した侍U-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】
南アフリカ戦で2本塁打8打点と活躍した侍U-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

高校通算25本塁打男は仲井ヘッドコーチ&島田分析担当コーチから指導を受けて忠実に実行

■日本 19-0 南アフリカ(31日・機張)

甲子園中止の影響は…? 元U-18代表コーチが語る“冬の国際大会”の戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、侍ジャパン高校代表は南アフリカに19-0と圧勝した。「7番・DH」で起用された西純矢(創志学園)の2本塁打を含む3安打8打点の活躍。6回コールド勝ちした。投手としては最速154キロを投げるドラフト1位候補だが、打っても高校通算25本塁打と能力が高い。しかし、代表に合流してからは、その打撃は影を潜めていた。

 3回に犠飛。4回2死一、三塁には真ん中の直球を完璧に捉えた。打球は左翼席へ飛び込むチーム初本塁打となる3ラン。さらには5回1死満塁で迎えた第4打席でも左前へ適時打を放ち、6回の第5打席では「狙っていました」とニヤリ。再び左翼スタンドへ2ランを突き刺した。この日、3安打2本塁打8打点の大暴れだった。

「出来すぎというくらい、いい打撃でした。低いライナーをしっかりとミートして打とうと思いました。チームメートから『やりすぎやろ?』と言われました」

 昨年の秋の地区大会で記録して以来の1試合2発。西は気持ち良さそうに汗をぬぐった。

 駒大と行った練習試合2戦では投手だけでなく、打席にも立ったがノーヒット。タイミングがうまくとれず、内野ゴロが多かった。スイングも大きかったと反省し、1日でも早く木製バットに順応しようと努めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」