野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、打撃の状態を自己分析「自分のスイングできてない」「高めに手が出る」

大谷翔平、打撃の状態を自己分析「自分のスイングできてない」「高めに手が出る」

エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、本拠地レッドソックス戦で2試合連続のベンチスタートとなった。試合前にはブルペンで投球練習を行い、元捕手のブラッド・オースマス監督を相手に計29球。終了後には取材に応じ、苦しんでいる打撃について「自分のスイングができていない」と分析した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ブルペンではオースマス監督を捕手役に29球「良くはなっている」

■エンゼルス – Rソックス(日本時間2日・アナハイム)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、本拠地レッドソックス戦で2試合連続のベンチスタートとなった。試合前にはブルペンで投球練習を行い、元捕手のブラッド・オースマス監督を相手に計29球。終了後には取材に応じ、苦しんでいる打撃について「自分のスイングができていない」と分析した。

 昨年10月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた大谷は、これが14度目のブルペン入り。キャッチボールを行った後、70~80メートルの距離で遠投を行い、ブルペンに入った。捕手役のオースマス監督を立たせて11球、座らせて29球。全体的に軽めでの投球だったが、終盤で力を入れる場面もあった。

 大谷は強度については「前回と変わらずにいきました」と明かし、「良くはなっているとは思いますけどね。もちろん劇的に良くなるということはまだないですけど」と投球についての手応えを示した。今後については「不安なく投げれるのが一番じゃないかなと思います」と話す。

 一方で、打撃については「ヒットも出ていないですし、いいスイングが出てないというのは……まぁ自分のスイングができていないのかなと思うので、そこが一番じゃないかなと思います」「自分のスイングができていないので、できている上での結果ならしょうがないんじゃないかな、というのはあるかなと思います」と自己分析した。

 8月前半は安打を量産していたが、最後の8試合でわずか3安打と失速。月間成績は26試合出場で打率.281、1本塁打、11打点、OPS(出塁率+長打率).744に終わり、最近12打席連続無安打中。30日(同31日)のレッドソックス戦では自己ワースト4三振を含む8打席無安打と苦しんだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」