野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】「昨日を思い出せ!」―米国撃破の侍ジャパン、死球&不振の主将を救った声

韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。侍ジャパン高校日本代表はオープニングラウンド3日目で5連覇を目指す強豪・米国と対戦し、16-7で勝利した。大きな白星の裏には主将の坂下翔馬内野手(智弁学園)の意地と気迫があった。

主将としてチームをまとめる侍U-18代表の智弁学園・坂下翔馬【写真:荒川祐史】
主将としてチームをまとめる侍U-18代表の智弁学園・坂下翔馬【写真:荒川祐史】

智弁学園でも主将の坂下翔馬内野手、死球後も出場し大会初安打マーク

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

同世代ライバルから大きな刺激 元U-18代表ベストナイン遊撃手が歩むプロへの道(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。侍ジャパン高校日本代表はオープニングラウンド3日目で5連覇を目指す強豪・米国と対戦し、16-7で勝利した。大きな白星の裏には主将の坂下翔馬内野手(智弁学園)の意地と気迫があった。

 右腕に見たことのない剛速球がぶち当たった。1-1の3回。打席で死球を受けた坂下は顔をしかめ、うずくまった。「大丈夫か!」。ベンチから心配する永田裕治監督の声が響く。次の瞬間、腕を抑えながら、一塁へ走っていった。激痛が走る。痛みを振り払うように何度も腕を上下させたが、消えるはずはない。

 だが、ここで引き下がるわけにはいかない。心配するベンチをよそに「大丈夫です」「大丈夫です」と出場継続を訴えた。ガッツだけは誰にも負けない。そのあと、投手のヘルナンデスは3度も一塁へ牽制球を投げてきた。必死に歯を食いしばって、一塁に戻った。

 主将の気迫に仲間が応えた。1番の森が繋ぎ、2番の武岡、4番の石川、6番の熊田にタイムリーが飛び出し、この回、一挙に5得点。坂下の死球が流れを呼び、始まった打者一巡の猛攻だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」