野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18W杯】執念、雰囲気、2人のマイナーリーガー…日本を苦しめたスペイン代表なぜ強い?

韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。日本はオープニングラウンドを4勝1敗で終えた。5日からのスーパーラウンドに駒を進めることはできたが、苦しい戦いが続いた。初戦のスペイン代表との試合は8回2死までリードを許す展開。逆転勝利を収めたが、国際ランキング26位のチームに追い詰められた。“格下”とは言えないほど、スペインの野球はしっかりとしていた。

侍ジャパンと善戦を繰り広げたU18スペイン代表【写真:荒川祐史】
侍ジャパンと善戦を繰り広げたU18スペイン代表【写真:荒川祐史】

グループリーグ敗退も奮闘光る、水上は「しっかりとした野球をしていました」

 韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。日本はオープニングラウンドを4勝1敗で終えた。5日からのスーパーラウンドに駒を進めることはできたが、苦しい戦いが続いた。初戦のスペイン代表との試合は8回2死までリードを許す展開。逆転勝利を収めたが、国際ランキング26位のチームに追い詰められた。“格下”とは言えないほど、スペインの野球はしっかりとしていた。

U-15代表から社会人代表まで 侍ジャパン経験を持つ主なNPB新入団選手たち(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本のアウトがひとつずつ増えるたびに、スペイン捕手のゴンザレスは大きく、そして情熱的なガッツポーズを披露した。得点が入った4回にはナインがベンチを飛び出して、お祭り騒ぎに。日本を相手に互角、いや、それ以上に戦えている喜び、野球を楽しんでいるように見えた。

 先発のルナが7回まで日本打線を2安打無失点に抑える好投を見せた。国内リーグのCBバルセロナに所属している右腕のテンポの良い投球に四苦八苦。3番の韮澤雄也内野手は「動くボールもあった。吊り球に手を出してしまっていた」と反省。最初はベンチから戦況を見つめ、最後にマスクをかぶった水上桂捕手は「追いこんでからでも、しっかりとセンターに弾き返されたり、しっかりとした野球をしていました」と振り返った。永田裕治監督もデータは少ないが「レベルが高いと聞いている」と話していたように、選球眼の良さ、堅実な守備、先発投手の安定と、確かな力があった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」