野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18W杯】佐々木? 奥川? プロでは大谷? 侍U-18に調査、すごい選手&憧れの選手は?

韓国・機張(きじゃん)で行われていた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はオープニングラウンドを勝ち抜いたものの、5位に終わった。高校世代では初の世界一は次回以降にお預けとなったが、選手20人に「チームで一番、すごい選手は誰?」「憧れの選手は?」とリサーチ。果たして結果は……。

韓国でのW杯に臨んだ侍ジャパンU-18代表の選手たち【写真:荒川祐史】
韓国でのW杯に臨んだ侍ジャパンU-18代表の選手たち【写真:荒川祐史】

チーム内ですごいと感じた選手トップは奥川恭伸、プロでは大谷が人気

 韓国・機張(きじゃん)で行われていた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はオープニングラウンドを勝ち抜いたものの、5位に終わった。高校世代では初の世界一は次回以降にお預けとなったが、選手20人に「チームで一番、すごい選手は誰?」「憧れの選手は?」とリサーチ。果たして結果は……。

U-15代表から社会人代表まで 侍ジャパン経験を持つ主なNPB新入団選手たち(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 選手の中では1人には絞りきれず複数を挙げた選手もいたため、票は20以上ある。最も票を集めたのは奥川恭伸投手(星稜)だった。

「スピード、キレ、スタミナ、全てにおいてすごい」(韮澤)、「高校生離れしたストレート、変化球も使えて、コントロールもいい」(前)、「すべてが完璧」(佐々木)。甲子園の3回戦で対戦した智弁和歌山の池田も「すべてにおいてレベルが高い」と絶賛。どれを取っても一級品のようだ。

 次に多かったのは佐々木朗希投手(大船渡)だった。「今まであんな球を見たことがない」(林)。高校最速163キロを投げるボールだけではなく、「あの身長で色々な細かい動きができるのがすごい」(遠藤)と、アップや練習から体の柔らかさ、器用な動きに驚いたという。

 3番目は森敬斗内野手(桐蔭学園)。「自分と同じくらいの体格で肩の強さ、足の速さ、スイングの鋭さが違う」(熊田)と同じ内野手からも羨望のまなざし。奥川、佐々木、そして森と1人に絞れなかった鵜沼は「すべてにおいてレベルが高い選手」とドラ1候補右腕らと同じくらいの能力の高さだと脱帽する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」