野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5年ぶりリーグ優勝の巨人、原監督が作った4人の軸 坂本勇、阿部、丸、そして亀井

5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。原辰徳監督は若手を育てながら、常勝軍団としてのプライドも守った。長年、巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏は「原監督の巧みな用兵に尽きると思います」とその手腕に感服。今季の巨人に責任を持たせる4人の「軸」を作ったことをポイントに挙げた。

巨人・原監督【写真:Getty Images】
巨人・原監督【写真:Getty Images】

巨人で02年からチーフスコアラー、09年WBC日本代表でも原監督とともに戦った三井康浩氏が優勝を分析

 5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。原辰徳監督は若手を育てながら、常勝軍団としてのプライドも守った。長年、巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏は「原監督の巧みな用兵に尽きると思います」とその手腕に感服。今季の巨人に責任を持たせる4人の「軸」を作ったことをポイントに挙げた。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

――――――――――

 今季の優勝は原監督の用兵に尽きると思います。若い選手に活躍の場を整えて、与え、使いながら育てることができました。個々の能力も大事ですが、チーム全体を見渡し、ペナントを通して戦える戦力を見極める。そこに固定概念はなく、投手ならば8勝を挙げた桜井を思い切って先発起用したことや増田大や若林らを積極起用。途中出場の選手もバットに足にと、いい仕事をしました。

 前任の高橋由伸監督も岡本を4番で使い続けるなど、若手の力を伸ばしました。育成しながら育てようとしたのは同じです。私の目から見て、昨季と今年で違ったのは原監督は責任を持たせる野手4人の軸を作ったことにあると思います。昨年は軸となれる選手が4人もおらず、坂本勇や岡本に頼る状況でした。

 今年のその4人とは、主将の坂本勇、切り札となった阿部、広島から移籍してきた丸、そして亀井だと思います。この4人の軸の隙間を若手が埋めるという構図ができていました。亀井に関してはその役割をさせるために使っているようにも見えました。

 若手の育成というのは、こういう軸がいないとなかなかできません。若手に責任を背負わせてしまうとプレッシャーになり、余計に自分の力が出なくなってしまいます。だから、私からしてみれば、岡本もまだ軸に据えるのは早いと思っています。なので、岡本よりも大きかったのは亀井の存在です。

 5番、そして吉川尚の離脱により1番を任されました。今年で37歳となり、これまでもケガに泣かされてきました。相当、しんどかったと思いますが、原監督の期待があって、責任感の強い選手ですから、攻撃に守備に高いパフォーマンスを発揮することができました。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」