野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

出遅れ響いた日ハム清宮、2年目は7本塁打 「納得できるシーズンではなかった」

パ・リーグ5位で全日程を終えた日本ハムの選手が今季を振り返る。第3回はプロ2年目で初めて4番を経験した清宮幸太郎内野手。「もちろん納得できるシーズンではなかったです」と悔しさをにじませた。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

5月24日の1軍昇格後は81試合出場で打率.204、7本塁打も8月に10試合で4番を経験 

 パ・リーグ5位で全日程を終えた日本ハムの選手が今季を振り返る。第3回はプロ2年目で初めて4番を経験した清宮幸太郎内野手。「もちろん納得できるシーズンではなかったです」と悔しさをにじませた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 出足でつまずいた。3月3日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)で右手有鈎骨を骨折。選出されていた9、10日の侍ジャパン強化試合の出場辞退を余儀なくされ、シーズン開幕にも間に合わなかった。

 1軍昇格は5月24日。そこから81試合に出場して打率.204、33打点、7本塁打で2年目を終えた。「我慢してずっと使っていただきましたが、結果的にシーズンを通してたくさん迷惑をかけてしまったなと思います」と振り返る。

 ケガの影響については「もちろんありましたけど、それはみんな背負ってやっていると思うので、一緒だと思います」と言い訳にしなかった。「シーズンを通して結果が出なかったのはまだまだ自分の力不足」と認めた上で「成績は去年とあまり変わらないですけど、去年より感じることも多かったですし、中身が大きく違った1年だったかなと思います」と前を向いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」