野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラフトを待つ無名校の152キロ右腕 1日50分の練習で躍進「センスある人に負けたくない」

中学時代は控え投手、高校では「ピッチャーは無理だろうなと、打者で頑張ろうと思っていた」。わずか2年半、1日50分の練習で最速152キロ右腕に成長したのは広島・武田高校の谷岡楓太だ。

武田高校・谷岡楓太【写真:橋本健吾】
武田高校・谷岡楓太【写真:橋本健吾】

中学時代は2番手投手、1日50分の練習で最速152キロ右腕に成長した武田・谷岡楓太

 中学時代は控え投手、高校では「ピッチャーは無理だろうなと、打者で頑張ろうと思っていた」。わずか2年半、1日50分の練習で最速152キロ右腕に成長したのは広島・武田高校の谷岡楓太だ。

「プロにはいきたいですが、ドラフトを前に緊張するとかはないですね。今は155キロを投げられるように、変化球をもっと磨くことに集中しています」

 身長176センチ体重82キロと小柄な部類に入るが、投げるボールは一級品だ。入学当初は最速125キロだった直球は1年秋で138キロ、2年春には148キロ、そして現在は最速152キロをマークするまで成長した。岡崎監督も「回りの状況に左右されない。一番は取り組む姿勢。素直なところが成長した要因」と、谷岡の全てに対する吸収力を評価している。

 専属トレーナーらの指導と自身の考え、向上心が一致。入学当初は投げることは許されず、股割りなど体作りが中心だった。それでも腐ることなく1日50分と限られた時間の中で全力を注いだ。「武田に入る前は『50分の練習で楽そう。ラッキー』ぐらいの勢いでしたが入ったら全然違っていた(笑)。でも、やらされる練習じゃなくしっかり考えて理にかなったことばかりだった。モチベーションが落ちることは一切なかったです」と“50分練習”を振り返る。

 岡崎監督はドラフト候補にまでのし上がった谷岡の成長に目を細めながらもこう語る。

「『わずか50分、たった50分』が独り歩きしてるのですが、武田は夜間も授業があるので全ての部活動が練習時間が50分と限られた時間しかない。その中で何ができるか、無駄を取り除いてやる練習方法を常に探しています。谷岡が“突然変異”で150キロが投げられるようになったわけじゃないと思っています。実際に入った当初は足も遅いし、投げるのも苦手、普通の高校生でしたから。谷岡がスタートでそれに続く選手を毎年のように作っていければと思っています」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」