野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高津&井口、Wソックスでプレーした2人のNPB監督に米メディア注目「最もホット」

ヤクルトは今季まで2軍監督を務めた高津臣吾氏が来季から1軍の指揮を執る。来季就任3年目を迎えるロッテ井口資仁監督とは2005年ホワイトソックス時代の同僚だ。「NBCスポーツ」は、この事実に着目し、「2005年にホワイトソックスでプレーした選手を監督として雇うのが、日本で最もホットなトレンドになっている」と紹介している。

来季からヤクルトの監督就任が決定している高津臣吾2軍監督とロッテの井口資仁監督(左から)【写真:荒川祐史】
来季からヤクルトの監督就任が決定している高津臣吾2軍監督とロッテの井口資仁監督(左から)【写真:荒川祐史】

ヤクルトは来季から高津監督に、ロッテは昨年から井口監督が指揮

 ヤクルトは今季まで2軍監督を務めた高津臣吾氏が来季から1軍の指揮を執る。来季就任3年目を迎えるロッテ井口資仁監督とは2005年ホワイトソックス時代の同僚だ。「NBCスポーツ」は、この事実に着目し、「2005年にホワイトソックスでプレーした選手を監督として雇うのが、日本で最もホットなトレンドになっている」と紹介している。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 高津氏は2004年にヤクルトからホワイトソックスに加入すると、24試合連続無失点を記録するなどブレーク。59試合2勝3敗19セーブ、防御率2.31の好成績で守護神として2005年を迎えた。一方、井口氏は2005年にダイエーからホワイトソックスに加入。打率.278、15本塁打の好成績を残した。この年、高津はシーズン途中にDFA(事実上の戦力外)となってしまったが、井口の活躍もあり、ホワイトソックスは88年ぶりの世界一に輝いた。その後は、世界一はおろか、地区優勝も1度と低迷している。

 記事では「彼らが2人ともホワイトソックスでプレーしたという共通点はさておき、彼らが祖国で監督になったことは、当然のことのようにも思える」と言及。高津氏と井口氏の日本での実績を紹介している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」