野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人坂本勇を「狂わせる」徹底した内角攻め 鷹・甲斐の「同じ球を続ける勇気」

日本シリーズはソフトバンクが3連勝で3年連続の日本一に王手をかけた。第3戦は巨人に6-2で完勝。先発のバンデンハークが4回2失点で降板すると、石川が2回無失点、7回以降は甲斐野、モイネロ、森が1イニングずつを無失点でつないだ。バンデンハークが亀井に2打席連続弾を浴びたものの、ここまでキーマンの坂本勇、丸を完璧に抑え込んでいる。

巨人・坂本勇人(左)とソフトバンク・甲斐拓也【写真:Getty Images, 荒川祐史】
巨人・坂本勇人(左)とソフトバンク・甲斐拓也【写真:Getty Images, 荒川祐史】

3連敗の巨人は坂本勇と丸が「深刻」、セ・リーグ球団にはない内角攻めが効いている?

■ソフトバンク 6-2 巨人(日本シリーズ・22日・東京ドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本シリーズはソフトバンクが3連勝で3年連続の日本一に王手をかけた。第3戦は巨人に6-2で完勝。先発のバンデンハークが4回2失点で降板すると、石川が2回無失点、7回以降は甲斐野、モイネロ、森が1イニングずつを無失点でつないだ。バンデンハークが亀井に2打席連続弾を浴びたものの、ここまでキーマンの坂本勇、丸を完璧に抑え込んでいる。

 坂本勇はここまでシリーズ打率.091、丸はまだヒットなし。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、坂本勇への内角攻めが効いていると分析し、ソフトバンク捕手の甲斐の「同じ球種を続ける勇気」を絶賛した。

 巨人としては絶対に負けられない第3戦。亀井の先頭打者弾が飛び出したものの、その後は坂本勇、丸、岡本が3者連続三振で2点目を奪えず。結局、坂本勇は3三振、丸も3試合連続無安打といいところがなかった。巨人打線を牽引してきた打者たちが苦しみ抜いている。

 野口氏は「巨人の2番(坂本勇)、3番(丸)は深刻ですね。坂本勇は第1戦で内角ばかり攻められたのがいまだに効いてますし、今もまだ攻められている。内角をゴーン、ゴーン、ゴーンと攻められて、外の変化球で三振。外中心に攻めてきて、最後に内角真っ直ぐで三振とか。坂本勇の頭の中は、全て“後追い”になっている感じがします」。第1戦の千賀から続く“内角攻め”に崩されているという。

「セ・リーグのチームは、坂本勇に対してあんなに内角へは投げませんよね。坂本勇は内角打ちがうまいという認識があるので、あそこまで攻め込むことはない。坂本勇本人も内角を攻められ慣れてないと思います。いつもの感覚で言うと『1球内角に来たらもう外だろうな』という感じではないでしょうか。それが『まだ来る、まだ来る、まだ来る』となって、完全に頭の中を狂わされてしまった。ところが、次の打席になったら『あれ来ないの、来ないの、来ないの。じゃあ踏み込むよ』となったら内角に来てしまった、と。セ・リーグのレギュラーシーズンとは、攻め方がまるで違います。

 しかも、それを初戦に千賀の160キロでやられたら効きますよね。初戦は千賀の160キロ、第2戦は高橋礼のアンダースローの140キローオーバー、第3戦は助っ人のバンデンハークの153キロ……。その3投手だけでも十分ですが、それに加えて左の150キロオーバーが突っ込んでくる、右の150キロオーバーもガンガン来ると。通常の感じでは野球をやれていない。逆にいえば、ソフトバンクバッテリーの大勝利です。丸に対してはそこまで内角をいっていなくても『俺にもくる』となるでしょう。巨人は坂本勇がコケたら皆がコケてしまう。亀井が2発打っても、それ以降に点が入らないということは、亀井の後を打つ打者たちが分断しているということ。やはり、坂本勇が打たないと巨人は厳しい」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」