野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 同僚は中日1位 大学進学の侍J遊撃手、守備の自信を取り戻し「4年後プロへ」

同僚は中日1位 大学進学の侍J遊撃手、守備の自信を取り戻し「4年後プロへ」

10月のある日、愛知・東邦高を訪ねた。今年8月末から9月8日まで行われていた「第29回WBCS U-18ワールドカップ」に出場していた熊田任洋内野手は毎日、欠かさずスローイングの練習を続けている。「自分が向き合わないといけない課題」とし、グラウンドでも、自宅でも、時間があればネットに向かってボールを投げている。“1か月前”の自分を乗り越えるためだった。

侍ジャパンU-18代表にも選出された東邦・熊田任洋【写真:編集部】
侍ジャパンU-18代表にも選出された東邦・熊田任洋【写真:編集部】

U-18侍ジャパン高校日本代表に選ばれた東邦・熊田、守備は「自分が向きわないといけない課題」

 10月のある日、愛知・東邦高を訪ねた。今年8月末から9月8日まで行われていた「第29回WBCS U-18ワールドカップ」に出場していた熊田任洋内野手は毎日、欠かさずスローイングの練習を続けている。「自分が向き合わないといけない課題」とし、グラウンドでも、自宅でも、時間があればネットに向かってボールを投げている。“1か月前”の自分を乗り越えるためだった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 熊田は遊撃手が6人選ばれたメンバーの中から、レギュラーを勝ち取り、開幕から4試合続けて、ショートで先発出場。DHでも起用され、大会通算打率.318、8打点の活躍。1次リーグの米国戦では「6番・遊撃」で4打数2安打4打点とバットコントロールの高さを見せた。しかし、悪天候となった1次リーグ台湾戦の守備で、遊ゴロを悪送球。敗戦につながる失策を犯し、残りの4試合、熊田が遊撃のポジションを守ることはなかった。

 自信を失ってはいないか――。守備範囲が広く、これまで東邦のピンチの芽を何度も摘んできた。代表でもそれまでは安定した守備を見せていたが、不慣れな国際大会のワンプレーで、将来有望な選手の未来に陰りがあってほしくなかった。

「W杯が終わって、自分がこれから上を目指していくためには、守備と向き合わなくてはいけない課題だなと思いました。ボールを取ってからのスナップスローとか、安定感をもっと出していかないといけない。もっと足を動かしていかないといけないと思っています」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」