野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 慣れないクセ球に過酷な移動―DeNA関根が定位置奪取へメキシコ奮闘中

慣れないクセ球に過酷な移動―DeNA関根が定位置奪取へメキシコ奮闘中

メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が2日(日本時間3日)、敵地で行われたスルタネス・デ・モンテレイ戦でメキシコ初打点を記録した。関根はこの日、前日1日(同2日)に続き、2日続けてスタメンを外れたが、8回に途中出場。9回にダメ押しとなる9点目を奪う犠飛を放ち、チームの勝利に貢献した。試合はオブレゴンが11-2で大勝。連勝を飾り、前期リーグ11勝8敗とした。

ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:福岡吉央】
ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:福岡吉央】

慣れないクセ球の外国人対策に移動12時間「やるべきことは何か、探しながらやっています」

 メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が2日(日本時間3日)、敵地で行われたスルタネス・デ・モンテレイ戦でメキシコ初打点を記録した。関根はこの日、前日1日(同2日)に続き、2日続けてスタメンを外れたが、8回に途中出場。9回にダメ押しとなる9点目を奪う犠飛を放ち、チームの勝利に貢献した。試合はオブレゴンが11-2で大勝。連勝を飾り、前期リーグ11勝8敗とした。

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

 試合を決定づける一打だった。関根は8-2で迎えた9回1死一、三塁のチャンスで中堅への犠飛。三塁走者をかえし、チームを勝利へと近づけた。

「犠飛の選択肢が増えるので、1死で回ってきてくれたらいいなと思っていた。気楽に(打席に)立つことができました。監督からも、本塁打を狙っていけと言われていたので、犠飛になるような大きな当たりを打てということだと理解していました。メキシコの投手は球が動くので、これまでは引っ張りにいって二ゴロになるという失敗をしていましたが、今日はセンター方向に強く打ちにいきました。結果、初打点になってよかった。1打席だけでもチームに貢献できるのは嬉しいです」

 10月31日(同11月1日)のアギラス・デ・メヒカリ戦では打線がわずか4安打に抑えられる中、関根はチーム唯一となる2安打。だが、翌1日の試合は4試合ぶりにベンチスタートとなり、8回に代走として出場。その後、センターの守備固めを務めたが、打撃は1打数0安打だった。この日は8回1死一塁の場面で代走で起用されると、2死一、二塁から三塁に盗塁。そして9回の打席でもしっかりとベンチの期待に応えた。

「メキシコの投手はボールが動くので、どんなボールなのか情報がない中で打席に立たないといけない。打席の中でいかに対応するか。今日は1球、ボール球を見ることができたので対応できたが、本当に投手ごとに新たな戦いになる」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」