野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「本当に成功したいなら…」 大谷所属のエ軍はストラスバーグとコールのW獲りも!?

「本当に成功したいなら…」 大谷所属のエ軍はストラスバーグとコールのW獲りも!?

今季のワールドシリーズMVPに輝いたスティーブン・ストラスバーグ投手は、ナショナルズと残す4年総額1億ドル(約108億円)の契約を破棄するオプションを行使し、フリーエージェント(FA)となった。どのチームと契約を結ぶのか注目が集まっているが、MLB公式サイトは大谷翔平投手が所属するエンゼルスを候補に挙げている。

ナショナルズからFAとなったスティーブン・ストラスバーグ【写真:Getty Images】
ナショナルズからFAとなったスティーブン・ストラスバーグ【写真:Getty Images】

MLB公式は先発の補強を提言「トラウトの最盛期を無駄にすることになる」

 今季のワールドシリーズMVPに輝いたスティーブン・ストラスバーグ投手は、ナショナルズと残す4年総額1億ドル(約108億円)の契約を破棄するオプションを行使し、フリーエージェント(FA)となった。どのチームと契約を結ぶのか注目が集まっているが、MLB公式サイトは大谷翔平投手が所属するエンゼルスを候補に挙げている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記事では、ESPNのジェフ・パッサン記者とMLBネットワークのジョン・ヘイマン記者のツイッターを紹介している。パッサン記者は「ゲリット・コールのように、スティーブン・ストラスバーグは今季自身の価値を非常に高めた」と投稿。「ナ・リーグトップの209投球回、プレーオフでの素晴らしいパフォーマンスにより、ストラスバーグはナショナルズと(2016年オフに)結んだ1億7500万ドル(約190億円)を超える契約を求めている。それが下限だ」としている。

 ストラスバーグは2017年からナショナルズと7年契約を結び、3年目が終わった時点で契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を持っていた。記事ではナショナルズがFAのストラスバーグとレンドンの両方と契約するのは難しく、先発投手には他にシャーザーとコービンがいるため、優先度はレンドンの方が高いことに言及している。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」