野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍ジャパンが3連勝突破で得た先発ローテの選択肢「色んなことができる」

5日から台湾で行われていた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組。優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は初戦のベネズエラからプエルトリコ、チャイニーズ・タイペイを相次いで撃破し、グループ首位でスーパーラウンド進出を決めた。

侍ジャパンの稲葉監督【写真:Getty Images】
侍ジャパンの稲葉監督【写真:Getty Images】

稲葉監督は3試合の収穫として「投手陣でしょう」と即答

 5日から台湾で行われていた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組。優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は初戦のベネズエラからプエルトリコ、チャイニーズ・タイペイを相次いで撃破し、グループ首位でスーパーラウンド進出を決めた。

侍ジャパン、韓国を破り10年ぶり世界一 稲葉監督は涙「込み上げてくるものあった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 第1戦は終盤までベネズエラにリードを奪われながら、8回に相手のミスと7つの四球に乗じて6点を奪って大逆転。ヒヤヒヤの勝利ながら初陣をモノにした。第2戦のプエルトリコ戦は3回に相手のミスで先制点を貰い、4番の鈴木誠也外野手(広島)が3ランを放ってリードを広げた。先発の高橋礼投手(ソフトバンク)が6回2死までパーフェクトピッチングを展開し、6回1安打無失点と快投。リリーフ陣も無失点で繋いで完封リレーで完勝した。

 ともにスーパーラウンド進出が決まり、この試合結果がスーパーラウンドまで引き継がれることになったチャイニーズ・タイペイとの第3戦。初回に鈴木、吉田の連続適時打で先制し、3回には鈴木が2戦連発の2ラン。序盤でリードを奪うと、先発の今永昇太投手(DeNA)、2番手の大野雄大投手(中日)ら投手陣も相手打線に反撃を許さず。9回に山本由伸投手(オリックス)が1点こそ返されたものの、完勝だった。

 辛勝あり、完勝あり、圧勝ありのオープニングラウンド3試合。まずは3連勝でスーパーラウンド進出を決めて、侍ジャパンは最初の関門を突破した。この3試合を総括した稲葉篤紀監督は、収穫を問われると間髪入れずに「投手陣でしょう」と言い切った。

 この3試合、初戦のベネズエラ戦こそ4失点こそしたものの、プエルトリコ、チャイニーズ・タイペイ戦では相手打線をしっかりと封じた。プエルトリコ戦はピンチらしいピンチもなし。チャイニーズ・タイペイ戦は同じ11安打を許し、再三、走者を背負ったが、それぞれが粘りの投球を見せて得点を与えなかった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」