野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA濱矢が6回無失点でメキシコWL初勝利 ラーメン&餃子で腹を満たして登板

DeNA濱矢が6回無失点でメキシコWL初勝利 ラーメン&餃子で腹を満たして登板

メキシコのウインターリーグに参加し、ベナードス・デ・マサトランでプレーしている横浜DeNAベイスターズの濱矢廣大投手が8日(日本時間9日)、敵地で行われたアギラス・デ・メヒカリ戦に先発し、6回1安打無失点で初勝利を挙げた。チームは5-1で勝利。濱矢はここまで3試合、計15イニングを投げ、1失点、防御率0.60と安定した数字を残している。

メキシコのウインターリーグに参加しているDeNA・濱矢廣大【写真:球団提供】
メキシコのウインターリーグに参加しているDeNA・濱矢廣大【写真:球団提供】

6回2死まで無安打投球「納得いく直球を投げられない中で抑えられた」

 メキシコのウインターリーグに参加し、ベナードス・デ・マサトランでプレーしている横浜DeNAベイスターズの濱矢廣大投手が8日(日本時間9日)、敵地で行われたアギラス・デ・メヒカリ戦に先発し、6回1安打無失点で初勝利を挙げた。チームは5-1で勝利。濱矢はここまで3試合、計15イニングを投げ、1失点、防御率0.60と安定した数字を残している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 アメリカとの国境にある敵地メヒカリで、1万1479人の観衆を前に、濱矢がコツコツとアウトの山を築いた。5回までは二塁も踏ませぬ好投。6回には2者連続四球で無死一、二塁とし、2死を奪った後、この日初安打となる遊撃への内野安打を許し、満塁のピンチを迎えたが、後続を打ち取り、得点は与えず。4回1失点だった前々回、5回無失点だった前回登板に続き、今回も6回86球としっかりと試合をつくり、先発としての役割を果たした。
 
「前回よりもボールにバラつきはあった。マウンドが硬く、ボールも滑ったり形が変わったりしているものもあって、同じ直球を投げてもカットしたりシュートしたりして、投げていて驚きましたが、その環境にアジャストするしかなかった。納得いく直球が投げられない中で、スプリットでカウントを取ったり、空振りを取ることができたので、今日は抑えることができた。イニング数がどんどん増えているのもよかったと思う」

 この日は移動ゲームだった。濱矢はマサトランの自宅を朝7時に出発し、チームバスで約2時間かけてクリアカンまで移動。その後、飛行機でメヒカリに飛んだ。だが、便が約1時間遅れたこともあり、チーム宿舎に着いたのは午後4時。そこから球場に向かい、試合に臨むというハードスケジュールだった。日本のプロ野球は、移動日に敵地で投げる先発投手は前日に先乗りするのが一般的だが、メキシコにはその習慣はなく、チーム移動が基本。当然、移動疲れはゼロではなかったが、与えられた環境の中でしっかりと結果を残した。

 食の楽しみもあった。メヒカリは中国からの移民が多い街として知られ、市内にはメキシコながら中華料理店が数多く存在。メキシコで最も中華料理が美味しい街と言われている。濱矢もハードスケジュールの合間を縫って、試合前にラーメンと餃子を堪能。「普通に美味しかったです」と、今回は慣れ親しんだアジア飯で胃袋を満たし、マウンドに上がっていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」