野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍J、スーパーRでは「内角の使い方」が鍵か 前回大会の韓国戦も“教訓”に

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)はオープニングラウンドの全日程が終了し、11日からスーパーラウンドがスタートする。野球日本代表「侍ジャパン」は台湾で行われたオープニングラウンドを3戦全勝で首位通過。スーパーラウンドでは、同組だったチャイニーズ・タイペイを除くメキシコ、米国、韓国、オーストラリアの4か国と対戦する。

野口氏が気がかりと指摘した侍ジャパンのオリックス・山本由伸【写真:Getty Images】
野口氏が気がかりと指摘した侍ジャパンのオリックス・山本由伸【写真:Getty Images】

鈴木誠也の活躍は「非常に大きい」も…「ちょっと気がかりなのは今永と山本」

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)はオープニングラウンドの全日程が終了し、11日からスーパーラウンドがスタートする。野球日本代表「侍ジャパン」は台湾で行われたオープニングラウンドを3戦全勝で首位通過。スーパーラウンドでは、同組だったチャイニーズ・タイペイを除くメキシコ、米国、韓国、オーストラリアの4か国と対戦する。

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来の世界一を目指す侍ジャパンだが、米大陸とアジア(開催国の日本を除く)の国にはそれぞれの最上位に来年の東京五輪出場権が与えられるため、どのチームも必死。激しい戦いが予想されるスーパーラウンドを勝ち抜くためのポイントはどこになるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「内角の使い方」がポイントになると指摘する。

 日本は2連勝同士の対戦となった7日のチャイニーズ・タイペイ戦に8-1で快勝。4番の鈴木が2戦連発の2ランを含む3安打4打点と活躍し、3試合目で初の2桁11安打を記録するなど打線も上向きだ。野口氏は「鈴木は完全に乗りましたね。普段の鈴木誠也というより、調子のいい時の鈴木誠也になりました。『誠也に回せばなんとかなる』とチーム全体の雰囲気がなるので、非常に大きいと思います」と言う。

 ただ、1失点で凌いだ投手陣については「ちょっと気がかりなのは今永と山本です」と指摘。先発の今永は3回4安打と走者を出しながら無失点に抑えたが、最終回に登板した山本は1回2安打でこの試合唯一の失点を喫した。

「今永は単純にコントロールの問題ですね。力みからなのか、球が暴れすぎた。ただ、今永はシーズン終盤もあまり良くなかった。コントロールミスで、右の内角を狙った球が真ん中高めに入って打たれたりとか、左の外角を狙った球が高めに入って打たれたりとか、そういう感じのやられ方はしていました。それが、この試合でそのまま出てしまった感じでした。スーパーラウンドに向けて、なんとか調整してほしいですね。彼が頑張ってくれないと、日本の左の先発が苦しいのは間違いないですから」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」