野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】先発は山口? 岸? 決勝王手の侍J、韓国戦で「理想」の形を作るために…

野球日本代表「侍ジャパン」は13日に東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に3-1で勝利。全勝だったメキシコに初黒星をつけて3勝1敗で並び、決勝進出に“王手”をかけた。16日の韓国戦に勝てば決勝進出が決まるが、侍ジャパンはどのように戦うべきなのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、先発に岸孝之投手(楽天)を推薦した。

侍ジャパン・岸孝之【写真:編集部】
侍ジャパン・岸孝之【写真:編集部】

16日の韓国戦に勝てば決勝進出、メキシコ戦の投手陣は「完璧だった」

■日本 3-1 メキシコ(プレミア12・13日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日に東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に3-1で勝利。全勝だったメキシコに初黒星をつけて3勝1敗で並び、決勝進出に“王手”をかけた。16日の韓国戦に勝てば決勝進出が決まるが、侍ジャパンはどのように戦うべきなのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、先発に岸孝之投手(楽天)を推薦した。

 日本は投手陣がしっかりと役割を果たし、メキシコに勝利。先発の今永(DeNA)が6回1安打8奪三振1失点と好投すると、7回は甲斐野(ソフトバンク)、8回は山本(オリックス)、9回は山崎と若き救援陣が無失点リレー。野口氏はこの流れを「理想的だった」と振り返る。

「今永は投げミスがなかったわけではありませんでした。ただ、今までに比べて少なかったですし、高めにいった球に力があって、空振りを取れていました。中途半端に抜けないで、抜けたら抜けたで高めの空振りゾーンまで強い球がいっていたから助かった部分もありました。あとは、チェンジアップを安定して低めに投げられていたのも大きかったですね。試合全体としてみれば、投手陣は盤石だったと言えるでしょう。今永が一発で1点は取られたにしても、勝ちパターンの3人は完璧でした。

 この試合の流れは理想です。先発が頑張って6回を投げて7回、8回、9回と救援陣がつなぐ。理想形で行けたのは、この試合が初めてではないでしょうか。特に、甲斐野、山本という若い2人は凄いですね。山本については、先日の試合で内角がもっと必要だと言わせてもらったのですが、この試合のように落ちる球を中心に投げられるのであれば、無理矢理インコースに行く必要はないのかもしれません。やはり、国際大会では落ちる球は有効だな、と再確認できました。甲斐野、山本、山崎と3人とも落ちる球を持っていて、しかも並の落ちる球じゃない。国際大会で有効になってくるピッチャー陣ですね」

 後ろが安定しているだけに、先発がゲームを作ることができれば、まず崩れることはない。では、決勝進出のかかる大一番の韓国戦では、誰を先発にすべきなのか。スーパーラウンド初戦の11日オーストラリア戦で4回2失点だった山口(巨人)は中4日で登板が可能。さらに、この試合に3番手で投げて2回1安打無失点と好投した岸も先発できる。登板間隔などを考えれば、このどちらかが現実的だ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」