野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天監督から鷹1軍コーチに就任 平石コーチの目指す姿と感じるホークスの違い

21日まで宮崎市で行われているソフトバンクの秋季キャンプ。そのグラウンドで工藤公康監督と盛んにコミュニケーションを取り、選手に声をかける人物がいる。楽天の監督を退任し、新たにソフトバンクの1軍打撃兼野手総合コーチに就任した平石洋介氏だ。

ソフトバンクの1軍打撃兼野手総合コーチに就任した平石洋介氏【写真:福谷佑介】
ソフトバンクの1軍打撃兼野手総合コーチに就任した平石洋介氏【写真:福谷佑介】

秋季キャンプで工藤監督とコミュニケーションを取り選手に声をかける平石コーチ

 21日まで宮崎市で行われているソフトバンクの秋季キャンプ。そのグラウンドで工藤公康監督と盛んにコミュニケーションを取り、選手に声をかける人物がいる。楽天の監督を退任し、新たにソフトバンクの1軍打撃兼野手総合コーチに就任した平石洋介氏だ。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 今季まではホークスとペナントを争うライバル球団で指揮を執り、オフになって監督を契約満了で退任。つい先日までは敵だったソフトバンクのコーチとして招聘され、キャンプ途中から選手たちの指導にあたっている。

 ソフトバンクのコーチとして初めてのキャンプを過ごしている平石コーチの心境などを聞いた。

「もともと首脳陣には知っている人もいましたし、今回は若い選手だけで人数も少ないので、だいぶ環境には慣れてきました。まあ本当のスタートは来年の春のキャンプで、選手が一斉に揃ってからですけどね」。凛々しい表情を緩める平石コーチ。まず、コーチとしてどういったことを重視してキャンプに臨んでいるのだろうか。

「ホークスに来たからどうのというのはないですね。選手のことを知っていかないといけないし、選手が何を考えてやっているのかとか新たに取りくんでいることをちゃんと理解してあげないといけない。選手がせっかく考えてきたのだから、それが失敗しようが遠回りしようが、そこで気付くこと、やらないと分からないことはいっぱいある。選手の話を聞きながら、こっちの思うことも話しながら、選手の気持ち、考えを聞きながらやっています」

 まずは選手を知り、選手の考えを知ること。だからこそ、選手たちに声をかけてコミュニケーションを図る姿がキャンプ中から目立っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」