野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • MLB各球団の「最低契約」を米メディア選出 マリナーズは菊池雄星「散々な1年目」

MLB各球団の「最低契約」を米メディア選出 マリナーズは菊池雄星「散々な1年目」

今季、マリナーズでプレーした菊池雄星投手の契約がチームで「最低」と厳しい評価を受けている。1年目は32試合に登板し、6勝11敗、防御率5.46と苦戦。4年総額5600万ドル(約61億円)、最大で7年総額1億900万ドル(約118億4000万円)の大型契約を結んでいる左腕だが、米メディアは「散々なルーキーシーズン」と総括している。

マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

“不良債権”のエルズベリーとチェンが高額年俸を残して“戦力外”、「MLB各球団の最低の契約」は…

 今季、マリナーズでプレーした菊池雄星投手の契約がチームで「最低」と厳しい評価を受けている。1年目は32試合に登板し、6勝11敗、防御率5.46と苦戦。4年総額5600万ドル(約61億円)、最大で7年総額1億900万ドル(約118億4000万円)の大型契約を結んでいる左腕だが、米メディアは「散々なルーキーシーズン」と総括している。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 メジャーではここ数日、大型契約の選手が“戦力外”となるケースが相次いでいる。ヤンキースのジャコビー・エルズベリー外野手は契約解除、マーリンズのチェン・ウェイン投手はDFA(事実上の戦力外)に。どちらも大型契約で加入し、来季まで契約を残していた。つまり、球団は来季の年俸を支払う義務があるが、それでも“戦力外”という方法を選んだ。

 ヤンキースはエルズベリーと2014年から7年総額1億5300万ドル(約166億2200万円)の契約を結び、来季年俸も2600万ドル(約28億円)だった。一方、マーリンズはチェンと2016年から5年総額8000万ドル(約87億円)の契約を結んでおり、来季年俸は2200万ドル(約24億円)。両チームはこの来季年俸分を“捨てる”ことになる。

 米メディア「ザ・スコア」はこの2選手の“戦力外”を受けて「MLB各球団の最低の契約」とのタイトルで特集を掲載。「MLB各球団の最低の契約を見てみよう」と、まだ契約が残っている各球団の“コスパ”が良くない選手を1人ずつ選出している。

 そして、マリナーズで名前が上がったのが菊池だ。来季以降、選手側の契約延長オプション込みで3年総額4650万ドル(約50億5000万円)を残しており、球団が権利を行使すれば2025年まで契約延長が可能となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」