野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

思わず応援したくなる!? 日ハム大渕スカウト部長の愛情溢れる新人紹介全文

日本ハムは23日に札幌時計台でドラフト指名した10選手の新入団発表を行った。この毎年恒例の行事で密かに楽しみにしているのが、大渕隆スカウト部長が行う選手紹介だ。

23日に札幌時計台で新入団選手発表が行われた【写真:石川加奈子】
23日に札幌時計台で新入団選手発表が行われた【写真:石川加奈子】

ドラ1河野は「何よりこの大きな目」、ドラ2立野は「投手らしい投手」

 日本ハムは23日に札幌時計台でドラフト指名した10選手の新入団発表を行った。この毎年恒例の行事で密かに楽しみにしているのが、大渕隆スカウト部長が行う選手紹介だ。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 単にプレーヤーとしての特徴を述べるだけではなく、アマチュア時代のエピソードなども交えて選手の人柄や球団の期待の大きさを伝える内容となっている。その愛情たっぷりの紹介を聞いていると、思わず応援したくなるから不思議だ。

 早大出身で元高校教師という異色の経歴を持つ大渕スカウト部長は、2012年にメジャー挑戦を決意していた大谷翔平投手(エンゼルス)との交渉に臨み、日本ハム入団を決意させた立役者の一人。熱い思いにあふれた選手紹介を今年もここで取り上げたい。

○ドラフト1位 河野竜生投手

「今年の社会人ナンバーワン左腕です。マウンド度胸が非常に良く、ゲームをつくる能力に長けています。150キロを超える強い直球と切れ込むスライダーが武器です。そして何よりこの大きな目。この目で打者をにらみつけ、今から1軍強打者との対戦が非常に楽しみです。社会人出身ではありますが、21歳とまだ若く、感性の高さ、考える力がまだまだあり、これからも伸びていくと見ています。担当の加藤スカウトとは同じ徳島県の出身で、しかも同じ会社から同じくファイターズに入ると言う偶然がありました。さらに加藤投手も左投手、しかも名前にも『竜』という文字が2人とも入っているという偶然がありまして、まさにファイターズに導かれたような選手であります。ファイターズに来るべくして来た救世主。名前の通り、昇り竜のような派手な活躍を1年目から期待してます。頑張ってください」

○ドラフト2位 立野和明投手

「投げるセンスに長けた総合型の投手です。バランスの良いフォーム、スピンの効いたボール、切れの良い変化球、そしてボール半分の制球力を持つ、投手らしい投手と言えます。残念ながら今年は不調が続き、不本意なシーズンであったとは思いますが、我々は将来ローテーションを任せられる彼の素材の高さを評価しています。社会人からの入団とはいえ、彼もまだまだ伸びしろがあり、一時はドラフト1位も予想された夢のある選手です。同い年、社会人出身、そして同じポジションの河選手との競争が非常に楽しみです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」