野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム斎藤が現状維持の1600万円でサイン 一問一答「自分自身もメンタルは弱い方」

日本ハムの斎藤佑樹投手が2日、札幌の球団事務所で契約更改を行い、現状維持の1600万円でサインした(金額は推定)。

契約更改に臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】
契約更改に臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】

今季は11試合に登板し0勝2敗、防御率4.71 2年連続で未勝利に終わる

 日本ハムの斎藤佑樹投手が2日、札幌の球団事務所で契約更改を行い、現状維持の1600万円でサインした(金額は推定)。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ9年目の今季は開幕1軍入りし、オリックスとの開幕戦に3番手で登板して1イニングを無失点で抑えるスタートを切った。4月4日の楽天戦ではショートスターターを務め、2回途中3安打3失点で降板。8月6日オリックス戦では堀瑞輝投手の後を受けた第2先発として3回を投げ、4安打4失点で敗戦投手になった。最終的には11試合に登板して21回を投げ、0勝2敗で防御率4.71。2年連続未勝利に終わった。

主な一問一答は以下の通り。

――球団からはどんな話が?
「今シーズンを振り返ってのことと、来季も期待してますということを話していただきました」

――今季を振り返って

「栗山監督はじめ新しい戦術を考えていただいて、そこに僕もフィットするような形で使ってもらったので、チャンスは増えたと思います。その戦略を来年も継続してもらえるようであれば、全力で期待に応えたいと思います」

――自身の評価について。

「毎年、毎年、結果を残さなければいけないという立場に置かれながら、毎年同じような成績にはなるんですけど、その中でもファームの成績になるんですけど、自分の中では感覚が良かった部分は多かったと思いますね」

――良かった部分とは具体的に

「感覚の部分なので言葉にするのは難しいです」

――投げる場所のこだわりは

「特にないです。与えられたポジションをこなすだけだと思いますし、そこに対して全力で応えるだけなので」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」