野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹ドラ2海野、“甲斐ステップ”で正捕手争いのライバルに 工藤監督「脅かす存在に」

ソフトバンクは5日、福岡市内のホテルで「2020年度 新入団選手発表記者会見」を行い、ドラフト1位の佐藤直樹ら支配下5選手、育成7選手の12名のルーキーをお披露目した。背番号は佐藤が「30」、ドラフト3位の津森宥紀投手が「11」などに決まった。

新入団選手発表記者会見に臨んだソフトバンクのドラフト2位・海野隆司(前列右)【写真:福谷佑介】
新入団選手発表記者会見に臨んだソフトバンクのドラフト2位・海野隆司(前列右)【写真:福谷佑介】

海野の背番号は今季まで甲斐が背負った「62」に決定「ビックリ、嬉しい」

 ソフトバンクは5日、福岡市内のホテルで「2020年度 新入団選手発表記者会見」を行い、ドラフト1位の佐藤直樹ら支配下5選手、育成7選手の12名のルーキーをお披露目した。背番号は佐藤が「30」、ドラフト3位の津森宥紀投手が「11」などに決まった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 計12人のルーキーたちの中で、目を引いた存在がドラフト2位の海野隆司捕手。東海大出身で身長173センチ、83キロとガッシリとした体躯を誇る。背中には背番号「62」が。育成から球界を代表する捕手にまで成長した甲斐拓也捕手が今季まで背負った番号だ。

 甲斐は来季から尊敬する野村克也氏が南海時代に背負った背番号「19」を背負う。甲斐によって捕手の“代名詞”的な印象が付いた「62」が空き番号となり、即戦力捕手と期待される海野が「62」の後継者となった。

 1年目の背番号として「62」を提示された海野は「ビックリしたのと嬉しかったのが半分ぐらいですね。着けると比べられるので……。比べられるレベルでもないので」と謙遜。甲斐の後継者となり、恐縮しきりだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」