野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最下位オリ、減俸わずか12人の“暖冬更改” 選手の士気を高める”にんじん作戦”

オリックスは6日、全ての選手の契約更改を終えた。吉田正尚外野手が1億1500万円アップの2億円、山岡泰輔投手が倍増以上の1億円、山本由伸投手が5000万円増の9000万円でサインするなど“暖冬更改”となった(金額はすべて推定)。

大幅増で契約を更改したオリックス・吉田正尚【写真:橋本健吾】
大幅増で契約を更改したオリックス・吉田正尚【写真:橋本健吾】

66選手中、減俸となったのは12人、1000万円以上のダウン提示はT-岡田だけ

 オリックスは6日、全ての選手の契約更改を終えた。吉田正尚外野手が1億1500万円アップの2億円、山岡泰輔投手が倍増以上の1億円、山本由伸投手が5000万円増の9000万円でサインするなど“暖冬更改”となった(金額はすべて推定)。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季は最下位に終わったチーム。今オフは外国人を除く66選手全員(育成選手も含む)が保留なしの一発サイン、その中で減俸提示を受けたのはわずか12選手で1000万円以上の大幅減はT-岡田外野手(6000万円減)ただ1人だった。若い選手が多くベースとなる年俸が低いこともあるが現状維持、プラス査定となった選手がほとんどでそれには1つの理由があった。

 森川球団本部長は今回の“暖冬更改”についてこう語った。

「全選手と事前交渉をする中でこちらの査定の根拠をしっかり示して。お互いが合意できている。チームの勝利に貢献してくれた選手には報いましょうと。今までの査定の仕方は変わっていませんが“プラスα”の部分はあります。来年、巻き返しをしないといけない。選手の皆さんに励みにという意味も込めた。頑張れば報われると感じ取ってもらえるためにメリハリはつけました」

 出場試合数、打率、本塁打、打点、勝敗、防御率……。山岡、吉田正らは“目に見える”成績を残し大幅アップとなったが、中継ぎ陣、ユーティリティを武器に試合に出場した評価が分かれる選手たちもしっかりと査定したことを森川球団本部長は強調した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」