野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 【野球と記録】野球はなぜ「記録のスポーツ」に? 19世紀後半のリーグ戦開始がきっかけ

【野球と記録】野球はなぜ「記録のスポーツ」に? 19世紀後半のリーグ戦開始がきっかけ

前CEOのシーモア・ウォルフ氏が11月29日に死去した「エリアス・スポーツビューロー」社は、約1世紀前にスタートしたが、今では北米4大スポーツをすべて網羅し、これらのスポーツの公式データを提供するほか、ESPNやCBSスポーツなどにもデータを提供する巨大企業になっている。

スポーツの中でも野球は記録との親和性が高いとされている
スポーツの中でも野球は記録との親和性が高いとされている

プレーに区切りのある野球は「記録」が取りやすいスポーツ

 前CEOのシーモア・ウォルフ氏が11月29日に死去した「エリアス・スポーツビューロー」社は、約1世紀前にスタートしたが、今では北米4大スポーツをすべて網羅し、これらのスポーツの公式データを提供するほか、ESPNやCBSスポーツなどにもデータを提供する巨大企業になっている。

「スポーツの記録」が巨大ビジネスになった源流を探ると、「野球」という極めて特殊なスポーツの存在に行き当たる。野球の起源には諸説あるが、ニューヨークのマンハッタンで19世紀半ばに今のルールの源流ができたと考えられている。

 野球はその原初の時点で、「記録」が取りやすいスポーツだった。ボールを投げる、打つなど1つ1つのプレーに区切りがある。その都度記録することが容易だ。

 サッカーやバレーボールなどのスポーツは、連続的な流れの中でプレーが進行する。パスやレシーブなどのプレーはそこで途切れることなく、次のプレーにつながっていくのでオンタイムでの記録が取りにくい。そのこともあって、当初は野球ほどには記録が発達しなかった。

「野球の父」と呼ばれたヘンリー・チャドウィックは、野球のプレーの記録法を整理、統一し「ボックススコア」を考案。そこで得られたデータをまとめる統計手法も考案した。「打率」「防御率」などは、チャドウィックが考案したものだ。

 もともと記録との親和性が強かった「野球」が「記録のスポーツ」へと進化したのは、リーグ戦の始まりがきっかけだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」