野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元ロッテ醍醐氏が死去 球団5位の1775試合出場、捕手として1698試合は史上8位

12月11日に81歳で死去した醍醐猛夫氏は昭和のパ・リーグを代表する捕手の1人だった。

醍醐猛夫氏のNPB通算成績
醍醐猛夫氏のNPB通算成績

早実高から1957年に毎日に入団、荒巻ら歴代エースのボールを受ける

 12月11日に81歳で死去した醍醐猛夫氏は昭和のパ・リーグを代表する捕手の1人だった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 1938年11月15日、東京生まれ(以下敬称略)。早実高時代には、2学年下の王貞治とバッテリーを組み夏の甲子園に出場。同級生には国鉄、サンケイで内野手として活躍した徳武定之がいた。

 高校卒業後、毎日オリオンズに入団。1年目の1957年から正捕手となる。この年は左腕小野正一が26勝を挙げたが、19歳の醍醐は好リードで小野をサポートした。

 2年目以降は谷本稔と併用されることが多くなり、1961年以降は控え捕手となった。代打での出場も多くなったが、1963年に6年ぶりに捕手として100試合以上出場。再び正捕手として起用された。翌1965年に谷本が阪神に移籍すると、全試合出場。捕手としては珍しく3シーズンも全試合出場を果たしている。

 醍醐は荒巻淳、小野正一、小山正明、木樽正明、成田文男、村田兆治と歴代エースの球を受けた。

 1961年には3年ぶりに現役復帰した中日の伝説のエース、杉下茂の球も受けている。杉下のフォークを受けて右手を突き指したという。杉下は引退後、プロ野球OB会などで醍醐と顔を合わせるたびに「杉さん、この指見てよ。曲がったままだよ」と言われたという。

 身長181センチ、体重80キロと、当時としては大型。投手陣には「的が大きい」と好評だった。柔らかいキャッチングでも投手の信頼を集めた。打撃では打率は低かったが長打もあり勝負強かった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」