野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 今季の12球団ベスト&ワースト助っ人は誰? 阪神と西武の右腕がベスト投手

今季の12球団ベスト&ワースト助っ人は誰? 阪神と西武の右腕がベスト投手

ソフトバンクが3年連続の日本一に輝き、幕を閉じた2019年のプロ野球。12月に入ってすっかりシーズンオフとなり、契約更改や来季に向けた新戦力の獲得、そして退団者の情報が球界では飛び交っている。

阪神のピアース・ジョンソン【写真:荒川祐史】
阪神のピアース・ジョンソン【写真:荒川祐史】

阪神のジョンソンは40ホールド、防御率1.38の驚異的な成績

 ソフトバンクが3年連続の日本一に輝き、幕を閉じた2019年のプロ野球。12月に入ってすっかりシーズンオフとなり、契約更改や来季に向けた新戦力の獲得、そして退団者の情報が球界では飛び交っている。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 各球団の助っ人に関しても、動きが出始めている。セ・リーグを5年ぶりに制した巨人はマシソンが現役を引退、ゲレーロ、クック、ヤングマン、ビヤヌエバ、アダメス、マルティネスが自由契約と一気に7選手がチームを去った。代わってナショナルズから入団するパーラを筆頭にビエイラ、サンチェスが加入する。広島はレグナルトやヘルウェグが退団。中日のロドリゲスはレンジャーズへの移籍が決まった。

 パ・リーグでも連覇を果たした西武がマーティンやヒースを放出し、左腕のノリンとスパンジェンバーグを獲得。3年連続日本一となったソフトバンクもミランダ、スアレスが退団となった。ロッテはブランドン、レイビン、ボルシンガー、バルガスと4選手がチームを去り、元広島のジャクソンらをチームに加えた。

 今季もチームの期待に応えて活躍した助っ人、期待に添えなかった助っ人と様々だった。ここでは助っ人それぞれの年俸、当初の期待値なども鑑みた上でセパ両リーグのベスト助っ人とワースト助っ人を選定してみた。なお故障で長期間にわたって離脱した選手は除いた。(金額は全て推定)

【セ・リーグ】
○ベスト
投手:ピアース・ジョンソン(9000万円)
58試合2勝3敗0セーブ40ホールド 防1.38
野手:ネフタリ・ソト(9500万円)
141試合516打数139安43本108点 .269

○ワースト
クリスチャン・ビヤヌエバ(2億2500万円)
73試合202打数45安8本24点 .223

 セ・リーグは今季、助っ人勢の活躍が目立った。投手陣では阪神のジョンソン、中日のロドリゲス、DeNAのエスコバーらリリーフ投手、打者でもヤクルトのバレンティンや中日のビシエド、DeNAのソトやロペスらがチームの中心となった。

 その中でもベスト助っ人に推したいのは投手では阪神のジョンソン、野手ではソト。ジョンソンは今季加入すると阪神のセットアッパーとして58試合で40ホールド、防御率1.38と驚異的な成績を残した。ソトは昨季加入し、今季が2年目。2年連続で40本塁打超を放ち、2年連続の本塁打王に輝いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」